Reuters logo
欧州株式市場=続伸、独憲法裁判所の決定を好感
2012年9月12日 / 18:07 / 5年前

欧州株式市場=続伸、独憲法裁判所の決定を好感

 [ロンドン 12日 ロイター] 12日の欧州株式市場は続伸。ドイツ憲法裁判所が欧州安定メカニズム(ESM)の批准を条件付きで認め、ユーロ圏債務危機の解決に向けた一段の取り組みに道が開かれたことを好感した。ただ景気をめぐる根強い懸念が上値を抑えた。

 米連邦準備理事会(FRB)が追加緩和に踏み切るか不透明な情勢で、連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表を翌日に控えて、終盤には一部で利食い売りも見られた。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は0.85ポイント(0.08%)高の1108.02。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは7.15ポイント(0.28%)高の2564.80。

 

 独憲法裁はこの日、ESMと欧州財政協定の批准を認める判断を下した。ただ、今後ESMへの負担金を積み増す必要が生じた場合には議会の承認を得る必要があるとの判断を下し、議会に将来の負担増額に関する拒否権を与える形となった。

 それでも市場関係者の多くは、欧州経済問題の解決に向けた重要な一歩として憲法裁の決定を好感し、仏CAC40種平均指数.FCHIやDJユーロSTOXX50種指数などの下落を見込んで積んでいたショートポジションを巻き戻した。

 出来高は主要市場で平均を上回り、独クセトラDAX指数.DAXは90日平均の約180%、仏CAC指数は同133%となった。

 

 銀行株が好調で、STOXX欧州銀行株指数.SX7Pは1.3%上昇した。

 個別銘柄では英BAEシステムズ(BAES.L)が10.6%高。エアバスの親会社EADSEAD.PAとの合併を検討していると明らかにしたことが支援材料となった。EADSは5.6%安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below