Reuters logo
サンタンデール<SAN.MC>などスペイン銀大手、地方救済基金に48億ユーロ拠出=関係筋
2012年9月12日 / 19:02 / 5年前

サンタンデール<SAN.MC>などスペイン銀大手、地方救済基金に48億ユーロ拠出=関係筋

 [マドリード 12日 ロイター] スペインのサンタンデール銀行(SAN.MC)、BBVABBVFA.MC、カイシャバンク(CABK.MC)の大手3行が、地方政府向けの救済基金に総額48億ユーロを拠出する見通しであることが、関係筋の話で12日明らかになった。

 3行が拠出を予定しているのは、180億ユーロ規模の救済基金のうち、半分弱に相当する80億ユーロの政府保証融資向けで、3行それぞれが約16億ユーロ(20億6000万ドル)を負担するという。

 関係筋によると、11日に行われたスペイン財務省と銀行側の協議で詳細についての合意が得られた。

 融資期間は3年半。金利は4.5%程度で、5年債利回りと同水準となる。

 サバデル(SABE.MC)、国有化されたバンキア(BKIA.MC)もそれぞれ8億ユーロを拠出する見通しだが、バンキアについては銀行再編基金(FROB)の承認が条件となる。

 ポピュラールPOP.MCなど、他のスペイン銀についても、参加するかどうかをめぐり協議が続いている。

 ポピュラールの広報担当は、5億ユーロを拠出するとの方針を示した。

 

 また国営宝くじ事業(SELAE)も海外の銀行とシンジケート融資を通じて、60億ユーロを調達する計画で、残りの40億ユーロは財務省が負担すると見込まれている。

 地方政府向けの救済基金をめぐっては、すでにカタルーニャ、バレンシア、ムルシア州が活用する意向を示しているが、最終的には17の自治州のうち、最大14州が救済基金に支援を要請する可能性がある。

 9月26日までに第1弾となるおよそ30億ユーロの融資が実施される予定で、カタルーニャ、バレンシア州の目先の資金繰りを支援すると見込まれている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below