Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(23日)
2012年2月23日 / 07:13 / 6年前

東京マーケット・サマリー・最終(23日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
           ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=
午後5時現在    80.11/13  1.3271/75  106.31/36
NY午後5時    80.24/25  1.3246/47  106.34/37

 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点から小幅ドル安/円高の80円
前半。前日の海外市場では7カ月ぶり高値まで買われたが、手掛かり難のなか短期筋によ
る利益確定売りが上値を抑制した。ユーロ/ドルは1.32ドル半ば付近で方向感に乏し
い展開。ギリシャ債務問題に対する悲観論後退で買い戻しの流れが継続したが、上値を追
う動きも限られた。

レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    9595.57円(41.57円高)
         9513.65円─9609.84円  
 東証出来高   25億3666万株
 東証売買代金  1兆4229億円

 東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の米国株安や上値で強まる利益確定売りなど
で、序盤はさえない展開。ただ、最近の好地合いや円安を背景とする主力輸出株への買い
などで切り返した。出遅れ修正の動きも指摘され、日経平均は後場に上げ幅を拡大し、
9600円台を回復する場面もあった。一方、材料不足のなか、リターンリバーサルの域
を出ていないと指摘されている。 
 
 東証1部騰落数は値上がり1073銘柄に対し、値下がり456銘柄、変わらずが
145銘柄だった。

  レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時04分現在
 
 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.091%
 3カ月物国庫短期証券流通利回り        ── 
 ユーロ円3カ月金利先物(12年12月限) 99.665(変わらず)
              安値─高値   99.665─99.670

 短期金融市場で、無担保コール翌日物は主に0.08%中心の取引となった。主な取り
手は地銀・信託。準備預金の積みは順調に進んでいるとみられ、比較的、安定的に推移し
た。ただ、地銀などの試し取りがみられたことで、加重平均レートは高くなった。レポ
(現金担保付債券貸借取引)GCレートは高止まり。日銀が実施した金利入札方式の共通
担保資金供給オペは、予定額1兆4000億円に対して、応札額は3兆6650億円と一
段と膨らんだ。依然としてレポGCレートの高止まりを背景に、証券会社が積極的に応札
した。東京金融取引所のユーロ円3カ月金利先物は横ばい圏でもみあい。

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 18時01分現在
 
 10年国債先物中心限月・3月限(東証)    142.48(+0.01)
                        142.43─142.59
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.975%(変わらず)
                 安値─高値  0.980─0.970%

 国債先物は小反発。前日の米債高の流れを引き継いで買いが先行したが、前場は20年
債入札を控えた調整もあり、上値は限定的となった。後場では、入札を順調に通過したこ
とを確認した直後に買い戻しが入り、上昇幅を拡大する場面があった。その後は日経平均
株価が上昇幅をやや拡大すると、戻り売り優勢となり、上値が抑えられた。現物債は益出
し売りが優勢。主体は銀行勢とみられている。イールドカーブにはスティープ化圧力がか
かった。衆議院予算委員会での白川方明日銀総裁の発言に関しては、直接的な相場への影
響はなかった。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─3.0bp 銀行債(みずほ)5年 19─20bp
地方債(都債) 10年 3.0─4.0bp 電力債(東電)10年 ─ ─ ─bp

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJap
anシリーズ16ITJJP5Y=GFのプレミアムは138.5ベーシスポイント(bp)と
139bpをつけ、前日引け(139bp)とほぼ同水準での推移となった。ギリシャ問
題が表面上はひとまず峠を越えたほか、円安を背景に日経平均.N225は一時9600円
台を回復するなど堅調だが、これまでタイト化が進んできたクレジット市場では、方向感
に乏しい展開となった。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時15分現在の気配)
   2年物 0.39%─0.29%
   3年物  0.41%─0.31%
   4年物 0.45%─0.35%
   5年物  0.51%─0.41%
   7年物  0.70%─0.60%
  10年物  1.05%─0.95%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                    
--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 23日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below