Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(8日)
2012年5月8日 / 07:50 / 5年後

東京マーケット・サマリー・最終(8日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
          ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=
午後5時現在  79.92/94  1.3023/27  104.06/13
NY午後5時   79.90/92  1.3056/57  104.21/27

 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点にからほぼ横ばいの79円後半。
機関投資家とみられる買いを受け一時80.08円まで上昇したものの、その後は80円
付近でもみ合いとなった。欧州勢が参入する時間帯に入って、リスクオフの動きからクロ
ス円に下落圧力がかかると、連れ安した。前日3カ月ぶり安値をつけたユーロ/ドルは
1.30ドル前半を中心に上値の重さが目立ち、ユーロ/円は午後3時半過ぎに再度
104円を割り込んだ。ドル/円をめぐっては、方向感が交錯する中で、日米2年金利差
からみれば現在は妥当な水準との指摘も出ている。

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均     9181.65円(62.51円高)
         9159.47円─9207.56円  
 東証出来高   16億0180万株
 東証売買代金  1兆1070億円

 東京株式市場で日経平均は反発した。前日に大幅安となった反動や欧米株の落ち着きな
どを背景に、東京市場は買い戻しが先行。欧米短期筋が前日に売られた自動車や銀行を買
い戻す動きが観測され、日経平均は一時9200円台を回復した。ただ、SNS関連株に
売りが続いたほか、海外の不透明要因や円高警戒感などを背景に戻りは限定的。国内企業
決算の発表とともに好業績銘柄の選別物色が指摘され、全般は小動きの展開にとどまっ
た。

 東証1部騰落数は値上がり1137銘柄に対し、値下がり416銘柄、変わらずが
117銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時05分現在
 
 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.077%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ── 
 ユーロ円3カ月金利先物(13年3月限)  99.670 (─0.005)
              安値─高値   99.670 ─99.675 

 無担保コール翌日物の加重平均レートは0.077%台後半と前日と同水準になった。
朝方から信託や地銀が0.075%付近、大手行が0.07%付近で調達意欲を示した。
連休要因のはく落や税揚げ日通過で金融機関の資金需要が一服。当座預金残高が34兆円
台に回復したことで、資金余剰感が広がった。日銀が実施した共通担保資金供給(資産買
入等基金)オペ(5月10日─11月13日)は、応札額が3260億円と予定額
8000億円に届かず札割れとなった。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 
 
 10年国債先物中心限月・6月限(東証)    143.12 (─0.16 )
                        143.10 ─143.25 
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.865%(+0.010 )
                 安値─高値  0.865 ─0.855 %

 国債先物中心限月6月限は前日比16銭安の143円12銭と反落して引けた。高値警
戒感が浮上する中、円高一服や株価反発を受けて売りが先行した。新発10年債入札は、
証券など業者のショートカバーに加えて、銀行勢など機関投資家の需要で「しっかりとし
た結果」(みずほ証券・マーケットエコノミストの河上淳氏)となった。ただ、入札後の
流通市場で投資家の動きが鈍かったため、新発債の在庫を抱えた業者からの損失回避(ヘ
ッジ)目的の売りが上値を抑制した。現物市場は入札に絡んだ調整売りで上値の重い展
開。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高い0.860%。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─3.0bp 銀行債(みずほ)5年 19─20bp
地方債(都債) 10年 3.0─4.0bp 電力債(東電)10年 ─ ─ ─bp

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJap
anシリーズ17ITJJP5Y=GFは一段とワイドな水準で取引された。プレミアムは一時
197ベーシスポイント(bp)を付け、シリーズ17として連日の最高値更新となった。
ギリシャ総選挙で与党が過半数割れとなったことで、ギリシャの不安定な政治に対する警
戒感が高まったことがワイド化の背景。新政権が誕生するまでの政治空白を懸念する声が
出ているが、再選挙の可能性も高まりつつある。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時08分現在の気配)
   2年物 0.39%─0.29%
   3年物  0.40%─0.30%
   4年物 0.42%─0.32%
   5年物  0.47%─0.37%
   7年物  0.63%─0.53%
  10年物  0.95%─0.85%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 8日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below