Reuters logo
安倍元首相が自民総裁選に出馬表明、日銀に「格段の量的緩和」求める
2012年9月12日 / 07:12 / 5年前

安倍元首相が自民総裁選に出馬表明、日銀に「格段の量的緩和」求める

 [東京 12日 ロイター] 自民党の安倍晋三元首相は12日夕に記者会見し、総裁選への立候補を正式に表明した。選挙公約に日銀の「格段の量的緩和政策等の推進」を盛り込むなど、経済対策を前面に押し出した。

 公約には、1)1日も早いデフレ脱却と成長力の底上げによる所得向上・雇用創出、2)憲法改正・教育再生、3)日米同盟の強化など外交・安全保障の確立、4)道州制を前提とする地方分権の推進など強固な国づくり、5)消費税に軽減税率を導入するなど社会保障制度を確立、6)環太平洋連携協定(TPP)の聖域なき関税撤廃への反対や、EPA(経済連携協定)、FTA(自由貿易協定)推進などによる地域づくり、の6項目を挙げた。

 経済政策では、デフレ脱却に向けて「政府・日銀の連携強化の下」で日銀に追加策を求めるほか、「日本経済再生本部」を創設して成長戦略を推進する、などとしている。

 *この記事の詳細は後ほど送信します。新しい見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below