Reuters logo
〔金利マーケットアイ〕国債先物が続落スタート、質への逃避巻き戻し
2012年9月12日 / 22:22 / 5年前

〔金利マーケットアイ〕国債先物が続落スタート、質への逃避巻き戻し

〔金利マーケットアイ〕

  <08:45> 国債先物が続落スタート、質への逃避巻き戻し

 国債先物中心限月9月限は前日比15銭安の143円65銭と続落して寄り付いた。ドイツ憲法裁判所が欧州安定メカニズム (ESM)の批准を条件付きで認めたことを受け、前日の海外市場で欧州債務危機の解決に向けた期待感から質への逃避を巻き戻す動きが出た流れを引き継いだ。米10年国債利回りは1.75%と8月21日以来の水準に上昇した。

  <08:35> 翌日物は0.08─0.085%中心、地銀・信託などが調達

 朝方の短期金融市場で、無担保コール翌日物は0.08─0.085%中心で取引が始まった。主な取り手は地銀、信託など。大手行の調達希望水準は0.075%付近。取引金利水準に前日と大きな変化はみられていないが、前日同様に試し取りの動きから金利は下がりにくくなっている。

 日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は37兆7000億円程度、準備預金残高は27兆3000億円程度となる見込み。

  <07:15> 翌日物は0.08─0.085%中心か、当預残37.7兆円程度の見込み 

 

 無担保コール翌日物は0.08─0.085%中心での取引となりそうだ。準備預金の積みの最終日を翌日に控えているため、一定の資金需要があるとみられている。市場では「積みにめどを付けている金融機関は多いが、一部の地銀の需要が見込めるため、レートは下げ渋りそうだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

 12日の加重平均金利(速報ベース)は前営業日比0.006%上昇の0.090%となった。加重平均金利の0.09%乗せは8月31日以来。

 日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は12日に比べて5000億円減の37兆7000億円程度になる見込み。残り所要積立額は4500億円。

 (東京 13日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below