Reuters logo
為替こうみる:スペイン格下げならリスクオフ広がり円高リスクも=野村証券・池田氏
2012年9月28日 / 02:41 / 5年前

為替こうみる:スペイン格下げならリスクオフ広がり円高リスクも=野村証券・池田氏

 <野村証券 金融市場調査部 チーフ為替ストラテジスト 池田雄之輔氏>

 スペインはきょう国内銀の資本不足額を特定する為に実施したストレステストの結果を公表するが、これを受けて格下げとなればリスクオフ的な展開が広がりそうだ。為替市場は格下げを2―3割程度しか織り込んいないとみられ、週明けにユーロ安と円高が進行する可能性がある。

 ドル/円相場については、77.30―77.40円ゾーンでのビッド(ドル買い需要)が厚いと見られているが、円買いに弾みがついてこの水準を割り込めば、77円割れが視野に入ってくる。

 

 また、8月の鉱工業生産が市場予想より弱かったことや、中国の景気減速の影響に鑑みて、1日に公表予定の9月日銀短観では、先行きについて企業が慎重なスタンスを強める公算が大きいとみている。こうした中で、日銀は4―5日の日程で金融政策決定会合を開催する。2週間前に追加緩和を実施したばかりであり、さらなる緩和は避けたいところだろうが、短観の結果やドル/円次第では、海外勢を中心に思惑が高まるかもしれない。いずれにせよ来週のドル/円は神経質な値動きをみせるだろう。 

 (東京 28日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below