Reuters logo
大阪の会社員への1132万円の課徴金命令を勧告、相場操縦で=監視委
2012年9月28日 / 07:22 / 5年前

大阪の会社員への1132万円の課徴金命令を勧告、相場操縦で=監視委

 [東京 28日 ロイター] 証券取引等監視委員会は28日、大阪府在住の男性会社員が金融商品取引法違反(相場操縦)をしたとして、1132万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。これまで監視委が相場操縦に関連して課徴金命令を勧告した19件のうち2番目に高額となる。

 監視委によると、このデートレーダーは2011年7月─8月、黒崎播磨(5352.T)株式をめぐって複数の口座を通じて売り注文と買い注文を同時期に同値で発注して取引が活発だと誤解させる手法を用い、株価を変動させた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below