Reuters logo
UPDATE1: 自民党新執行部が発足、幹事長に石破氏 政権奪還へ「経験豊富な重厚さ」
2012年9月28日 / 09:27 / 5年前

UPDATE1: 自民党新執行部が発足、幹事長に石破氏 政権奪還へ「経験豊富な重厚さ」

 [東京 28日 ロイター] 自民党は28日午後の総務会で、副総裁に高村正彦元外相、幹事長に石破茂前政調会長、総務会長に細田博之元幹事長、政調会長に甘利明元経済産業相、国会対策委員長に浜田靖一国対委員長代理を充てる人事案を決定した。

 安倍晋三総裁は総務会後の記者会見で、新執行部を「政権を奪還するための強力な布陣」と紹介。「自民党は民主党と違い、経験に裏打ちされた責任感を持っている。その観点から重厚な新執行部を構成した」と狙いを説明した。

 安倍総裁は衆院の解散総選挙に関し、会見であらためて、野田佳彦首相と谷垣禎一前総裁の合意は「紳士協定」だと強調。「『近いうちに食事へ行こう』と言うが、もう3回ぐらい食事してもいいぐらい(合意から)時が経っている」と述べ、近く行われる見通しの与野党党首会談で、野田首相に解散を求める考えを示した。

 特例公債法についても「(自民党は)国民生活を人質に取る政党ではない」としながら「政党間の話し合いをする上で、信義がない中で約束をしても意味をなさない。意味をなす形にしてもらいたい」として、解散が必要との認識を示した。

 会見に同席した石破新幹事長は「選挙に強い自民党であらねばならない。それが困難な問題を国民に理解してもらうために必要なこと」などと抱負を述べた。

 (ロイターニュース 基太村真司)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below