Reuters logo
UPDATE1: インド、課税逃れ防止策の導入を1年先送り=財務相
2012年5月8日 / 00:16 / 5年前

UPDATE1: インド、課税逃れ防止策の導入を1年先送り=財務相

 [ニューデリー 7日 ロイター] インドのムカジー財務相は7日、課税逃れ防止策の導入を1年先送りする意向を示した。

 インド政府は2012年度(2012年4月─2013年3月)予算の一環として、課税逃れ防止を目的とした一般的租税回避防止規定(GAAR)を導入する計画を明らかにしていた。ただ、政府の計画に対しては、海外投資家の間から、資金流出を招くとの懸念の声が高まっていた。

 

 ムカジー財務相は7日、議会で「納税者と税当局が全ての問題に対処する時間を確保できるよう、GARR導入の先送りを提案する」と述べた。

 そのうえで、関連委員会がGAARに関する提案を5月末までにまとめて提出する意向を示した。

 

 GAAR導入をめぐる不透明感からこのところインドルピーは大幅に下落、海外資金の流出も続いていた。

 インドルピーは3月初めから9%下落し、過去最安値水準に迫っている。国内には1─2月に130億の資金流入があったが、3月と4月はネットで5億4000万ドルの資金流出となった。

 ムカジー財務相の発言を受け、投資家の間で安心感が広がり、ルピーは上昇、2%近く下げていた株価はプラス圏に浮上した。

 

 ムカジー財務相はまた、課税逃れを立証する義務は海外投資家ではなく当局にあるとの考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below