Reuters logo
台湾株式市場・大引け=ほぼ横ばい、南亜科技<2408.TW>が急伸
2012年5月8日 / 08:00 / 5年前

台湾株式市場・大引け=ほぼ横ばい、南亜科技<2408.TW>が急伸

        加権指数.TWII 前営業日比   売買代金  大引け     7545.71      7.63高  671.4億台湾ドル  高値      7572.31  安値      7522.29  前営業日終値  7538.08    162.87安  786.7億台湾ドル --------------------------------------------------------------------------------  [台北 8日 ロイター] 8日の台湾株式市場の株価は、ほぼ変わらずで引けた。D RAM(記録保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)大手の南亜科技(ナンヤ ・テクノロジー)(2408.TW)は7%の値幅制限いっぱいに急伸。提携関係にある米半導体 大手マイクロン・テクノロジーMU.Nが、会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモ リへの支援で優先交渉権を得たことが背景にあるとみられる。  南亜科技とマイクロンは提携関係にあるため、南亜科技が、韓国勢に対抗する日米台連 合の一角を占める可能性が浮上した。  他のDRAMメーカーも上昇し、力晶科技(パワーチップ)5346.TWOは6.1%高、 瑞晶電子(レックスチップ)4932.TWOは2.1%高でそれぞれ引けた。  一方、紡績・繊維指数.TTIIが1.70%安、小売り・百貨店指数.TDEIが1.18 %安となり、DRAM株の上昇分を打ち消した格好。  加権指数.TWIIは前日終値比7.63ポイント(0.10%)高の7545.71で 終了した。  スマートフォン(多機能携帯電話)大手の宏達国際電子(HTC)(2498.TW)は0.2 %安。同社が発表した4月の売上高は、3月を若干上回ったが、前年同月を下回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below