Reuters logo
欧州委が「銀行同盟」構想発表、ECBにユーロ圏全行の監督権限付与
2012年9月12日 / 09:42 / 5年前

欧州委が「銀行同盟」構想発表、ECBにユーロ圏全行の監督権限付与

 [ストラスブール 12日 ロイター] 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のバローゾ委員長は12日、欧州議会で施政方針演説を行い、「銀行同盟」構想を明らかにした。欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏の全ての銀行を監督する中核的な役割を果たすことを提案している。

 バローゾ委員長は「欧州委は欧州で統一した監督メカニズム構築に向けて法整備を提案する」と述べた。銀行同盟の創設に向けた「飛躍的な前進」とし、「きょう提案した単一の監督メカニズムにより、強固な構造が生まれ、その中心的役割をECBが果たす」としている。

 同委員長はまた、「システミックリスクはあらゆるところに存在するため、全てを監督する必要がある」と述べた。

 提案された銀行同盟は3段階にわたる。まずECBがユーロ圏全ての金融機関と、欧州連合(EU)の中で合意を得た銀行を監督する権限を有することになる。次に問題を抱える銀行を閉鎖するための基金と、ユーロ圏全体の預金保険制度を相次いで創設する。

 この計画が実現すれば、各国は自国の金融機関に対する権限を大幅に委譲することになる。これまでは長く国家レベルで責任を負ってきており、既にドイツや英国から新構想を懸念する声が上がっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below