Reuters logo
シドニー株式市場・大引け=銀行株主導で反発、独憲法裁判断や米FOMC控え
2012年9月12日 / 09:12 / 5年前

シドニー株式市場・大引け=銀行株主導で反発、独憲法裁判断や米FOMC控え

           (カッコ内は前営業日比) S&P/ASX200指数  終値       4361.3 (+35.5)  前営業日終値   4325.8 (‐ 8.0) --------------------------------------------------------------------------------  [シドニー 12日 ロイター] 12日のシドニー株式市場の株価は、銀行株主導で 反発して引けた。今週予定されている米連邦準備理事会(FRB)の金融政策決定会合や 欧州の救済メカニズムに対するドイツ憲法裁判所の判断が、伸び悩む世界経済を後押しす る内容になるとの期待が背景。  S&P/ASX200指数終値は35.5ポイント(0.8%)高の 4361.3。    市場は、ドイツ憲法裁の判断のほか、FRBが12、13日に開く連邦公開市場委員会 (FOMC)後に新たな量的緩和策を発表するかどうかに注目している。エコノミストら は発表される確率を60%とみている。  オーストラリアの銀行各行は預金と融資の差を埋めるために、年間で総額1000億ド ル近くを借り入れており、世界各地で景気刺激策が実施され、資金調達コストが下がれば、 その恩恵を受ける立場にある。  コモンウェルス銀行(CBA.AX)は1.6%高の55.06豪ドル。同行はこの日、ハイブ リッド証券の新規発行を通じて15億豪ドルを調達した。    鉱業株は上昇。中国の温家宝首相が、経済成長押し上げのため必要に応じて財政調整基 金1000億元を活用する可能性があると述べた後で、鉱業株買いが増えた。中国はオー ストラリアにとって最大の輸出市場。  資源大手BHPビリトン(BHP.AX)は0.8%高、同業リオ・ティント(RIO.AX)は1%高。 CMCマーケッツのシニアトレーダー、ティム・ウォータラー氏は「刺激策の可能性につ いての中国首相発言を投資家は明らかに好感している。この発言は豪市場に安心感をもた らした」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below