Reuters logo
NY市場サマリー(12日)
2012年9月12日 / 21:57 / 5年前

NY市場サマリー(12日)

                   (カッコ内は前営業日比、%は利回り)

ドル/円    終値    77.83/85  
        始値    77.85/86  
    前営業日終値    77.78/80  
  
ユーロ/ドル  終値   1.2898/03 
        始値   1.2900/05 
    前営業日終値   1.2852/53 

30年債US30YT=RR          
    (2105GMT)             96*20.50(‐1*09.50) =2.9191% 
      前営業日終盤          97*30.00(‐0*30.00) =2.8529%  
  
10年債US10YT=RR         
    (2105GMT)             98*25.50(‐0*16.50)=1.7576% 
     前営業日終盤             99*10.00(‐0*13.50)=1.7005% 
 
  5年債US5YT=RR  
     (2105GMT)          99*21.75(‐0*04.25) =0.6907% 
      前営業日終盤          99*26.00(‐0*03.75) =0.6634% 
  
  2年債US2YT=RR         
    (2105GMT)               100*00.25(+0*00.25) =0.2460%  
      前営業日終盤         100*00.00( 0*00.00) =0.2500%  
 
ダウ工業株30種(ドル).DJI 
     終値         13333.35(+ 9.99) 
       前営業日終値       13323.36(+69.07) 
 
ナスダック総合.IXIC 
     終値         3114.31(+9.79) 
       前営業日終値       3104.53(+0.51) 
 
S&P総合500種.SPX 
     終値         1436.56(+3.00) 
       前営業日終値       1433.56(+4.48) 

COMEX金(12月限)(ドル/オンス)2GCZ2GCZ2<0#GC:>
         終値    1733.70(‐1.20)
     前営業日終値        1734.90(+3.10)

COMEX銀(12月限)(セント/オンス)2SIZ2SIZ2SIcv1<0#SI:>
         終値    3329.20(‐27.40)
     前営業日終値        3356.60(‐6.70)

原油先物(10月限)(ドル/バレル)2CLV2CLV2<0#CL:>
         終値    97.01(‐0.16)
      前営業日終値    97.17(+0.63)

CRB商品指数(ポイント).CRB 
         終値    315.70(+0.80)
     前営業日終値     314.90(+1.66)
--------------------------------------------------------------------------------
 <為替> ユーロが対ドルで4カ月ぶり高値をつけた。ドイツ憲法裁判所が、一定条件の
下で欧州安定メカニズム(ESM)と欧州財政協定の批准を認める判断を下したことを受け、
ユーロ圏債務危機をめぐる懸念が和らぎ、ユーロへの追い風となった。 

 NY外為市場:[USD/J]
--------------------------------------------------------------------------------
 <債券> 債券価格が下落し、長期債利回りは約3週間ぶりの水準に上昇した。独憲法
裁判所が欧州安定メカニズム (ESM)の批准を条件付きで認めたことを受け、安全資産
としての米国債への需要が後退した。 
 米10年債入札(リオープン=銘柄統合)が失望を招く結果となったことや、中国が輸 
出振興を通じた成長促進策を発表したことも米国債の売り材料となった。 

 米金融・債券市場:[US/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
 <株式> 小幅高。翌日発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定を前に
投資家の間で警戒感が広がった。 エコノミストの間では、翌13日のFOMC終了後に
量的緩和第3弾(QE3)が発表されるとの見方が強まっており、予想される確率は
65%と、前週7日時点の60%から上昇した。 

 米国株式市場:[.NJP]
--------------------------------------------------------------------------------
 <金先物> 利益確定の売りなどに押され、小反落した。ドイツ憲法裁判所が欧州安定
機構(ESM)の発足を認めたことを受け、対ユーロでドルが売られた。これを受けて、
ドル建てで取引される金塊などの割安感につながり、金塊の買いを誘った。また、根強い
米追加金融緩和への期待も相場を支えた。
 
 NY貴金属:[GOL/XJ]
--------------------------------------------------------------------------------
 <原油先物> 6営業日ぶりに反落した。予想外の原油在庫積み増しが圧迫材料となった。 
 朝方は、ドイツ憲法裁判所が欧州安定機構(ESM)の発足を認める判断を示したことを
好感して、投資家のリスク選好が拡大。ドルが対ユーロで一段安となったことも追い風となり、
原油相場はしっかりで推移した。 
   
 NYMEXエネルギー:[CR/USJ]
--------------------------------------------------------------------------------
                           [東京 13日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below