Reuters logo
訂正:UPDATE2: F&N<FRNM.SI>株主、ハイネケン<HEIN.AS>へのAPB<APBB.SI>株売却を承認
2012年9月28日 / 05:07 / 5年前

訂正:UPDATE2: F&N<FRNM.SI>株主、ハイネケン<HEIN.AS>へのAPB<APBB.SI>株売却を承認

*5段落目の「4.3%」を「54.3%」に訂正します。

 [シンガポール/ブリュッセル 28日 ロイター] シンガポールの複合企業フレーザー&ニーブ(F&N)(FRNM.SI)は28日開催した株主総会で、同社が保有するアジア・パシフィック・ブルワリーズ(APB)APBB.SI株40%をハイネケン(HEIN.AS)に63億ドルで売却することを承認した。

 すでにAPB株を56%程度保有するハイネケン(HEIN.AS)は28日、APB株式を追加取得するのに十分な現金と資金調達先を確保していると表明した。

 F&NがAPB株の売却を決めたことで、タイガービールのメーカーであるAPB支配を目指したハイネケンと、タイの富豪チャロエン・シリワタナパクディー氏傘下企業との争いは最終的に決着することになった。

 保有株式を合わせればF&Nの最大株主となるタイ・ビバレッジ(TBEV.SI)などチャロエン・シリワタナパクディー氏の傘下企業は、これまでAPBに買収を提示していたが、先週になって、F&Nが保有するAPB株をハイネケンに売却することに賛意を示していた。

  

 F&N株主総会では、取締役会が提案した減資に関する提案は否決された。F&Nの取締役会は、ハイネケンへのAPB株売却で調達する資金を用いて40億シンガポールドル(33億米ドル)を株主に支払う内容で、承認には75%の支持が必要だったのに対し、54.3%(訂正)の支持しか得られなかった。 

 F&Nの幹部は、APB株を売却した後も、他の事業拡大を目指す方針を表明した。

 

 一方、関係筋によると、F&N株の15%近くを保有する第2位の株主である日本のキリンホールディングス(2503.T)は、保有するF&N株の売却を検討している。

 F&Nの食品および非アルコール飲料部門に関心を示していたとされるキリンは、タイ・ビバレッジへのF&N株売却や、他の買い手により高い価格で売却する可能性など、いくつかの選択肢について検討している。 

 F&Nの第3位の株主は英国の保険会社プルーデンシャル(PRU.L)で、持ち株比率は7.8%。

 

 (INVESTMENTVIEWS)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below