Reuters logo
再送:NY市場サマリー(16日)
2012年3月18日 / 21:52 / 6年前

再送:NY市場サマリー(16日)

この記事は17日に配信したものです。                     (カッコ内は前営業日比、%は利回り) ドル/円    終値    83.41/46          始値    83.87/88      前営業日終値    83.51/52    ユーロ/ドル  終値   1.3173/78         始値   1.3083/84     前営業日終値   1.3080/83    30年債US30YT=RR              (2105GMT)            94*23.00(+0*01.00) =3.4079%         前営業日終盤          94*22.00(‐0*02.00) =3.4096%      10年債US10YT=RR             (2105GMT)             97*12.00(‐0*05.00) =2.2976%      前営業日終盤            97*17.00(‐0*01.50) =2.2794%     5年債US5YT=RR       (2105GMT)         98*26.75(‐0*04.00) =1.1174%        前営業日終盤        98*30.75(+0*02.00) =1.0909%      2年債US2YT=RR             (2105GMT)             99*24.75(+0*00.25) =0.3668%          前営業日終盤          99*24.50(+0*01.50) =0.3703%     ダウ工業株30種(ドル).DJI      終値         13232.62(‐20.14)        前営業日終値       13252.76(+58.66)  ナスダック総合.IXIC      終値         3055.26(‐ 1.11)        前営業日終値       3056.37(+15.64)  S&P総合500種.SPX      終値         1404.17(+1.57)        前営業日終値       1402.60(+8.32)  COMEX金(4月限)(ドル/オンス)2GCJ2GCJ2<0#GC:>            終値          1655.80(‐ 3.70)      前営業日終値          1659.50(+16.60)  COMEX銀(5月限)(セント/オンス)2SIK2SIK2SIcv1<0#SI:>            終値          3260.4( ‐12.2)      前営業日終値          3272.6( +54.5)  原油先物(4月限)(ドル/バレル)2CLJ2CLJ2<0#CL:>            終値         107.06(+1.95)       前営業日終値        105.11(‐0.32)   CRB商品指数(ポイント).CRB           終値         317.93(+2.03)      前営業日終値       315.90(+0.73) --------------------------------------------------------------------------------  <為替>  ドルが幅広い通貨に対して下落。ただ目先は重要な経済指標の発表がなく、 ドルは勢いを回復する可能性がある。  2月の米消費者物価指数(CPI)はガソリン価格の上昇によって総合指数が10カ月 ぶりの大幅な伸びとなったものの、基礎的な物価圧力は高まっていないことが示された。 これを受けて金利先高感が後退し、利益確定のドル売りが優勢となった。    NY外為市場:[USD/J] --------------------------------------------------------------------------------  <債券> 国債価格が下落。利回りは4カ月ぶりの水準に上昇した。景気回復の勢いが 強まっているとの見方から国債など安全とみられる資産を買う動きが後退した。  指標10年債US10YT=RR利回りは、週間で25ベーシスポイント(bp)強上昇して おり、昨年7月初旬以来の大幅な伸びとなる勢い。30年債US30YT=RR利回りの週間の伸 びは、2010年10月以来の大きさとなる勢い。  ただ、市場では今後の利回り上昇余地を再考する動きも見られ、売りの勢いは抑えられ たという。    米金融・債券市場:[US/BJ] --------------------------------------------------------------------------------  <株式> まちまち。ダウとナスダックが小反落する一方、S&P総合500種は小 幅続伸し、週間で3カ月ぶりの大幅な上昇となった。   ただ、この日発表された米鉱工業生産とミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回った  ことで、全般的に上値が抑えられ、ダウは8営業日ぶりの反落となった。   週間ベースでは、ダウが2.4%、ナスダックが2.2%それぞれ上昇した。S&P総  合500種は2.4%上昇し、上昇率は12月半ば以来の大きさとなった。上昇は5週連  続となる。    タブレット型端末「iPad(アイパッド)」新機種の販売が、予想通りの好調スター  トとなるなか、アップル(AAPL.O)は横ばいの585.57ドルで引けた。   エネルギー株の上げが目立った。S&Pエネルギー株.GSPEは1.2%上昇した。  株価先物やオプション取引の決済日が重なる「クアドルプル・ウィッチング」となった  この日は、過去数日と比べて出来高が膨らんだ。    米国株式市場:[.NJP] --------------------------------------------------------------------------------  <金先物> 米追加金融緩和第3弾(QE3)への期待の後退やインドの金課税強化の 動きを背景に小反落した。中心限月4月物は前日終値比3.70ドル安の1オンス= 1655.80ドルで取引を終了。立会取引レンジは1650.00―1661.00ド ルだった。   NY貴金属:[GOL/XJ] --------------------------------------------------------------------------------  <原油先物> ユーロ高・ドル安と根強いイラン原油供給停止に対する懸念を背景に、 3日ぶりに反発。米国産標準油種WTIの中心限月4月物は、前日終値比1.95ドル高 の1バレル=107.06ドルで取引を終了。5月物は1.93ドル高の107.58ド ルで引けた。   NYMEXエネルギー:[CR/USJ] --------------------------------------------------------------------------------                            [東京 17日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below