Reuters logo
ロンドン株式市場=急反落、米雇用統計受けた見通し悪化で鉱山・銀行株などに売り
2012年4月10日 / 18:02 / 5年前

ロンドン株式市場=急反落、米雇用統計受けた見通し悪化で鉱山・銀行株などに売り

                           (カッコ内は前営業日比) FT100種総合株価指数(ロンドン).FTSE  終値      5595.55(‐128.12) 前営業日終値   5723.67(+ 19.90)(5日) --------------------------------------------------------------------------------  [ロンドン 10日 ロイター] 10日のロンドン株式市場は急反落。弱い米雇用統 計を受けて世界経済見通しが悪化するなか、リスクに敏感な鉱山、石油、銀行株に売りが 出た。  FT100種総合株価指数.FTSEは128.12ポイント(2.24%)安の 5595.55。下落率は年初から2番目の大きさとなった。  FTSE100ボラティリティ指数.VFTSEは23.5%近く上昇し、投資家の不安感 が強まっていることを示唆した。  鉱山株.FTNMX1770が指数を押し下げた。前週の米雇用統計に加え、この日発表された 中国の3月の銅輸入減少や、前日発表された3月の中国消費者物価指数(CPI)の上昇 加速で、同国の需要に対して懐疑的な見方が広がった。  ベダンタ・リソーシズ(VED.L)は、通年の鉄鉱石生産が減少したことを明らかにし、 6.5%安となった。  中国の経済指標で需要が疑問視され、石油株.FTNMX0530も下落した。  銀行株.FTNMX8380も、世界経済とユーロ圏債務リスクへの懸念から売りが優勢となっ た。バークレイズ(BARC.L)は5.9%安。  ランドゴールド・リソーシズ(RRS.L)は逆行高で5.2%上昇した。アフリカのマリを めぐる、大統領辞任を受けた政治情勢収束への期待が背景となった。同社は、通年の生産 目標を確認した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below