Reuters logo
米企業幹部、FRBの緩和策がインフレ高進招くと懸念=ダラス地区連銀総裁
2012年4月10日 / 20:02 / 5年前

米企業幹部、FRBの緩和策がインフレ高進招くと懸念=ダラス地区連銀総裁

 [ノーマン(米オクラホマ州) 10日 ロイター] 米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は10日、連邦準備理事会(FRB)の国債買い入れプログラムが将来のインフレ高進につながることを米企業幹部は懸念しているとの見解を示した。

 フィッシャー総裁は講演で、企業の情報筋の話を踏まえ、「拡大したFRBのバランスシートについて、くすぶっている燃えさしがインフレの炎になり得るとの真の懸念が存在する」と述べた。

 また、講演後記者団に対し、情報筋が示したインフレに関する見解に必ずしも同意しているわけではないとし、インフレ率はFRBの目標である2%近辺にとどまるとの見通しを示した。

 同時に「とりわけ中小企業の間で、コスト上昇圧力をめぐる懸念が出ていることを耳にし始めた」とし、中小企業はコスト面での締め付けを感じていることを指摘した。

 

 前週発表された3月の米雇用統計が弱い内容となったものの、経済成長が継続するという自身の見通しを変更するには至らないとし、金融政策に関する見解を「単月のデータに基づいて決定しない」と述べた。

 総裁はこれまでFRBの実質的なゼロ金利政策に反対を唱えてきており、追加緩和も支持しないとの立場を鮮明にしている。

 フィッシャー総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有していない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below