Reuters logo
米ラルフ・ローレン<RL.N>7─9月、利益が予想上回る 売上高もまずまず
2012年11月2日 / 18:02 / 5年前

米ラルフ・ローレン<RL.N>7─9月、利益が予想上回る 売上高もまずまず

 [2日 ロイター] 米アパレル大手ラルフ・ローレン(RL.N)が2日発表した第2・四半期(7─9月)決算は減収減益となった。ただ、一時項目を除く1株利益が市場予想を上回ったほか、高級品の需要鈍化懸念が高まる中、売上高は自社予想より小幅な減少にとどまった。

 株価は一時、2.8%上昇した。

 純利益は2億1370万ドル(1株当たり2.29ドル)と、前年同期から8.5%減少した。

 一時項目を除く1株利益は2.45ドルと、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の2.15ドルを上回った。

 売上高は2.2%減の18億6000万ドル。ただ、1けた半ば程度の減少率としていた自社予想に比べ、小幅な減少にとどまった。

 また、中国での店舗閉店や低価格ブランドの「アメリカン・リビング」廃止に伴う影響がなければ、売上高は3%増になっていたとしている。

 

 厳しい状況にある世界の経済情勢を踏まえ、今年度(2013年3月まで)の通年売上高見通しを引き下げ、2─3%増を見込むとした。従来予想は1けた半ば程度の伸び率としていた。

 年末商戦を含む第3・四半期(10─12月)の売上高については、1けた前半の伸び率になると予想した。

 米東部を襲ったハリケーン「サンディ」の影響で、81店舗が休業に追い込まれたものの、四半期売上高への影響は「小幅」との見通しを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below