Reuters logo
NY市場サマリー(2日)
2012年11月2日 / 23:17 / 5年前

NY市場サマリー(2日)

                   (カッコ内は前営業日比、%は利回り) ドル/円    終値    80.45/53          始値    80.28/36      前営業日終値    80.14/16    ユーロ/ドル  終値   1.2836/41         始値   1.2888/93     前営業日終値   1.2942/43  30年債US30YT=RR               (2105GMT)          96*29.00(+0*01.00) =2.9058%       前営業日終盤       96*28.00(‐0*30.00) =2.9074%   10年債US10YT=RR              (2105GMT)         99*05.50(+0*03.50)=1.7173%      前営業日終盤         99*02.00(‐0*10.00)=1.7295%     5年債US5YT=RR        (2105GMT)       100*04.50(+0*03.25) =0.7212%       前営業日終盤        100*01.25(‐0*03.25) =0.7420%     2年債US2YT=RR              (2105GMT)            99*29.75(  0*00.00) =0.2855%        前営業日終盤       99*29.75(  0*00.00) =0.2854%   ダウ工業株30種(ドル).DJI      終値         13093.16(‐139.46)        前営業日終値       13232.62(+136.16)  ナスダック総合.IXIC      終値         2982.13(‐37.93)        前営業日終値       3020.06(+42.83)  S&P総合500種.SPX      終値         1414.20(‐13.39)        前営業日終値       1427.59(+15.43)  COMEX金(12月限)(ドル/オンス)2GCZ2GCZ2<0#GC:>          終値    1675.20(‐40.30)      前営業日終値        1715.50(‐ 3.60)   COMEX銀(12月限)(セント/オンス)2SIZ2SIZ2SIcv1<0#SI:>          終値    3085.70(‐139.10)      前営業日終値        3224.80(‐  6.80)   原油先物(12月限)(ドル/バレル)2CLZ2CLZ2<0#CL:>          終値    84.86(‐2.23)       前営業日終値    87.09(+0.85)   CRB商品指数(ポイント).TRJCRB           終値        292.2935(‐4.5962)      前営業日終値     296.8897(+1.0447) --------------------------------------------------------------------------------  <為替> ドルが全面高。対円では約6カ月ぶり、対ユーロでは1か月ぶりの高値をつ けた。朝方発表された10月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数の伸びが予想を上回っ たことがドルを支援した。  米株価が取引終盤にかけて下げ幅を拡大したことで安全資産とされるドルが買われ、ド ルは対ユーロやポンド、スイスフラン、豪ドルで一段高となった。  ギリシャの裁判所が1日、国際支援機関から求められている年金改革に関する法案は違 憲の可能性があるとの判断を下したことも、引き続きユーロを圧迫した。  市場の焦点は6日米大統領選の投票にシフトしている。世論調査によると、オバマ大統 領とロムニー共和党候補の支持率は拮抗(きっこう)し、大接戦が続いている。   NY外為市場:[USD/J] --------------------------------------------------------------------------------  <債券> 国債価格が横ばいから小幅高となった。米雇用統計の堅調な内容を受けて長 期債を中心に一時下落したものの、来週の米大統領選をめぐる不透明感を背景に上げに転 じた。  雇用統計を受け、米景気回復は勢いを増しており将来の消費者物価上昇につながる可能 性があるとの見方が強まり、長期債は序盤売られたが、米大統領選の結果を見極める動き から買い戻され、終盤までに小幅上昇となった。   アナリストの間では、オバマ大統領の再選が決まれば債券にプラスとなり、ロムニー候 補が勝利すれば株式にプラスになるとの見方が出ている。    米金融・債券市場:[US/BJ] --------------------------------------------------------------------------------  <株式> 反落して引けた。米雇用統計を受けて堅調に推移していたが、石油大手シェ ブロン(CVX.N)の決算が予想以上の減益となったことで、エネルギー関連株を中心に売りが 優勢となった。  週間ではダウが0.1%、ナスダックが0.2%下落する一方、S&Pは0.2%高と なった。  シェブロンは2.9%安。S&Pエネルギー株指数.GSPEは1.7%下落した。ドル の上昇を受けて原油価格が下落したこともエネルギー関連株を圧迫した。  コーヒーチェーン大手スターバックス(SBUX.O)は9.1%高。通期の利益見通しを引き 上げたことが好感された。  トムソン・ロイターがまとめたデータによると、2日までにS&P500の構成銘柄の うち378社が決算を発表し、61.9%が予想を上回った。これは1994年以降の四 半期平均の62%とほぼ同水準。   米国株式市場:[.NJP] --------------------------------------------------------------------------------  <金先物> 週末2日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、雇 用などの指標改善を受け、米国の追加緩和期待が萎んで急落した。中心限月12月物は前 日比40.30ドル安の1オンス=1675.20ドルと、8月30日以来約2カ月ぶり の安値で終了。電子取引のレンジは、1674.80―1717.20ドルだった。  外国為替市場でドル買い・ユーロ売りが優勢となり、ドル建て商品の割高感も金塊の圧 迫要因。相場は1700ドルの節目近辺に設定されたストップロスの売りを巻き込み、急 ピッチで下落した    NY貴金属:[GOL/XJ] --------------------------------------------------------------------------------  <原油先物> 週末2日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、 ドル高や供給増懸念に圧迫され4日ぶりに反落。米国産標準油種WTIの中心限月12月 物は前日終値比2.23ドル(2.56%)安の1バレル=84.86ドル で終了。1月物は2.17ドル安の85.40ドルで引けた。  原油相場は時間外取引中から下落基調だった。ギリシャの財政不安やユーロ圏の経済指 標の悪化を受け、外為市場でドル高・ユーロ安が進んだため、ドル建ての原油相場は割高 感に圧迫され、前日引け後からおおむねマイナス圏を推移した。  ただ、朝方の米雇用統計の発表後は、一時買いが戻る場面もあった。   NYMEXエネルギー:[CR/USJ] --------------------------------------------------------------------------------                             [東京 3日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below