Reuters logo
ホンダ<7267.T>、「オデッセイ」や「パイロット」など約87万台リコール
2012年12月12日 / 16:27 / 5年前

ホンダ<7267.T>、「オデッセイ」や「パイロット」など約87万台リコール

 [12日 ロイター] ホンダ(7267.T)は12日、キーを抜いた後、車が停止状態から動き出す恐れがあるとして、ミニバン「オデッセイ」やクロスオーバーSUV(スポーツ用多目的車)「パイロット」など87万1000台を米国内外でリコール(回収・無償修理)すると発表した。

 ホンダによると、イグニッション・インターロック装置が損傷もしくは摩耗し、シフトレバーを停車ポジションにしなくても、キーが抜ける状態になる可能性があるという。

 ホンダは声明で「シフト位置が停車ポジションになく、サイドブレーキがかかっていない場合、車が動き出し、事故につながる恐れがある」とした。

 米国内でのリコールは80万7000台。対象は、2003─04年型「オデッセイ」が31万8000台、同「パイロット」が25万9000台、2003─06年型「アキュラMDX」が23万台。米国外では6万4000台がリコールされる。

 米道路交通安全局(NHTSA)は、2003─04年型の「オデッセイ」と「パイロット」について、消費者からイグニッション・スイッチに関連する苦情を43件受理したことを受け、10月に調査を開始した。同問題に関連し、けがも報告されているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below