Reuters logo
EU銀行同盟構想、財務相理事会で合意の公算、対立解消可能=独財務相
2012年12月12日 / 16:27 / 5年前

EU銀行同盟構想、財務相理事会で合意の公算、対立解消可能=独財務相

 [ブリュッセル 12日 ロイター] ドイツのショイブレ財務相は12日、欧州銀行同盟についてこの日の欧州連合(EU)財務相理事会で合意できる可能性が高いとの見方を示した。

 理事会前に語った。

 財務相は、年内に銀行同盟の法的枠組みを策定することにコミットしていると言明し、「予定通りクリスマス前に銀行同盟をめぐる解決策を見いだすつもりだ」と述べた。

 

 欧州中央銀行(ECB)内での権限分離については「ECBの独立性は極めて貴重であり、銀行監督と金融政策を明確に分離する必要がある」と強調。「この点に関してドイツには多くの経験がある」とし、「条約を修正せずに分離を実現する方法について提案をまとめた」と述べた。

 その上で「限定的な条約修正を行うことが望ましいが、直ちに実行できることではない」とし、暫定的な措置をとった上で、条約修正が可能になった段階でより適切な解決策を見いだすことができるとの見方を示した。

 

 財務相はまた「銀行同盟への参加を望まない国に関しては欧州銀行監督機構(EBA)の枠組みの中で満足のいく対応策を見いだす。これが解決策の必要条件だ。最終的に、全ての国の合意が必要になる」と語った。

 銀行監督の一元化については「欧州のどの銀行監督機関も域内の6000行全てのを監督することはできない」とし、この点について強い見解の対立があると考える必要はないと指摘。

 「欧州監督機関が妥当な理由の下で個別行の監督を引き受けることができるという点に議論の余地はない」との見方を示した。

 「システム上重要な銀行は欧州機関の監督下に入るが、どこまでを対象に含めるかラインを引く必要がある」とした上で、「個別のケースや各国の要請で銀行監督を引き受ける権利を欧州監督機関が持つことをわれわれは望んでおり、意見の対立解消はそれほど困難ではないと思う」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below