Reuters logo
北朝鮮のミサイル発射はきわめて遺憾、容認できるものではない=野田首相
2012年12月12日 / 04:41 / 5年前

北朝鮮のミサイル発射はきわめて遺憾、容認できるものではない=野田首相

 [東京 12日 ロイター] 野田佳彦首相は12日午後、北朝鮮が「人工衛星」と称するミサイルを発射したことに対して遺憾の意を表明し「容認できるものではない」と述べ、強く非難した。

 

 日本政府は12日午前9時49分ごろ、北朝鮮の「人工衛星」と称するミサイルが北朝鮮西岸から1発、南方向に発射されたと発表した。

 

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below