Reuters logo
金融庁が地銀など国内行向け新基準、最低自己資本比率は現行の4%を維持
2012年12月12日 / 08:12 / 5年前

金融庁が地銀など国内行向け新基準、最低自己資本比率は現行の4%を維持

 [東京 12日 ロイター] 金融庁は12日、国内業務のみを手掛ける地方銀行や信用金庫・信用組合に対して、普通株式と剰余金を中心とした「コア資本」で自己資本比率4%を確保するよう求める新基準を2014年3月末から導入すると発表した。水準自体は現行の4%を維持するが、資本の定義を厳格化して「質」の向上を促す。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below