Reuters logo
大銀行への資本上乗せ規制、邦銀3行に新たな増資の懸念なし=中塚金融相
2012年11月2日 / 01:26 / 5年前

大銀行への資本上乗せ規制、邦銀3行に新たな増資の懸念なし=中塚金融相

 [東京 2日 ロイター] 中塚一宏金融担当相は2日の閣議後会見で、金融安定理事会(FSB)が1日に世界の大手銀28行への自己資本上乗せ規制の対象行と上乗せ水準のリストを発表したことを踏まえ、邦銀は新たな増資をしないでも達成可能との見方を示した。

 資本上乗せ規制は、銀行自己資本比率規制バーゼルIIIでの7%に加えるもの。邦銀では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)が1.5%、みずほフィナンシャルグループ(8411.T)と三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が1%の上乗せとなる。中塚金融相は各行の取り組みとして「自己資本の上乗せは、複数年度かけ、実行していくと聞いている」と説明し、邦銀が新たな増資に迫られる懸念はないと述べた。

 FSBは2011年11月にシステム上重要な銀行29行を公表していた。今回、最新の財務数値などに基づいて対象行を見直した上で、初めて個別行の上乗せ水準を示した。上乗せ水準は、各行の規模や取引の複雑さなどに基づいて決めている。

 世界の銀行では、シティグループ(C.N)、ドイツ銀行(DBKGn.DE)、HSBC(HSBA.L)、JPモルガンチェース(JPM.N)が、最も高い2.5%、バークレイズ(BARC.L)とBNPパリバ(BNPP.PA)が2%とされ、三菱UFJFGを含む8行が1.5%、みずほFG、三井住友FGを含む14行が1%となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below