Reuters logo
UPDATE1: 日産自<7201.T>、タイで第2工場建設へ 投資額3.58億ドル
2012年11月2日 / 08:12 / 5年前

UPDATE1: 日産自<7201.T>、タイで第2工場建設へ 投資額3.58億ドル

 [バンコク 2日 ロイター] 日産自動車(7201.T)は2日、タイで110億バーツ(3億5800万ドル)を投じ、第2の組み立て工場を建設する計画だと発表した。2014年8月に予定している操業開始時の年産能力は7万5000台。

 年産能力は最終的に15万台に引き上げる計画。完成車の半分はタイ国内に出荷し、半分は輸出に振り向ける。

 西川廣人副社長は、声明で「15万台の生産能力の追加は、タイで競争力を高めることができるだけではなく、日産にとって世界規模での主要な戦略的輸出拠点としてのタイの位置づけを確実にすることができる」とコメントした。

 

 日経新聞は10月に、日産がタイに2つ目の工場を建設するのは、反日行動が広がる中国から生産拠点を分散するためだと伝えていたが、これについて西川副社長は、最近の日中関係の緊張は投資先の選択に影響を与えていないとして報道を否定した。

 そのうえで、タイに投資する理由は、東南アジア諸国連合(ASEAN)における同社の成長を後押しするためだと説明。「タイに投資する理由は、ASEAN地域やタイの成長を信頼しているためだ」と述べた。

 中国については「中国経済は減速しているが、依然として成長している。中国から生産をシフトするつもりはない。中国は日産にとって非常に重要な市場だ」と語った。

 

 新工場は、サムットプラカーンにある既存工場の近くに建設する。日産は、タイ市場におけるシェアを現在の10%前後から15%に引き上げたい考え。

 日産はまた、今年度(2013年3月まで)のタイでの販売台数目標を12万7000台から13万2000台に引き上げた。

 日産は現在、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、タイで、合わせて年間40万台の生産能力を持っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below