Reuters logo
為替こうみる:ドル81円前半で推移か、財政の崖で反落リスクも=バークレイズ銀行 山本氏
2012年11月16日 / 01:16 / 5年前

為替こうみる:ドル81円前半で推移か、財政の崖で反落リスクも=バークレイズ銀行 山本氏

 <バークレイズ銀行 チーフFXストラテジスト 山本雅文氏>

 きょうは米国で「財政の崖」に関する正式交渉開始が注目される。ドル/円はここ2日間、総選挙後の自民党政権下でのリフレ政策期待に注目して81円台に乗せた。今後は12月16日の選挙に向けて、1)世論調査にみる自民党政権の実現確率と第3勢力の行方、2)新政権下での財政政策と金融政策の優先順位、3)来年3─4月に任期が到来する日銀正副総裁人事──に焦点が移っていくだろうが、目先は日銀法改正、白川総裁早期退任観測やネガティブ金利政策といった極端な材料までこなしつつ上昇していることから、これ以上期待が膨らむ可能性は低そうだ。

 むしろ、「財政の崖」に関する交渉では、来週19日から26日まで下院休会が予定されている中で、平行線が続く場合には、市場の焦点が徐々に交渉決裂リスク・米景気下押しリスクに移ってくる可能性もある。ドル/円は来年に向けたテーマとしての円売りは続き、81円台前半で推移しようが、日本関連の新規材料が途切れたところで「財政の崖」関連ヘッドラインが流れると反落リスクにつながろう。

 (東京 16日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below