Reuters logo
機械受注こうみる:弱含み鮮明、10─12月期は減少継続も=伊藤忠 丸山氏
2012年12月12日 / 00:31 / 5年前

機械受注こうみる:弱含み鮮明、10─12月期は減少継続も=伊藤忠 丸山氏

 <伊藤忠経済研究所 主任研究員 丸山義正氏>

 10月機械受注でコアの民需はプラスとなったが、受注水準は前期7─9月をまだ下回っている。今回のプラスを踏まえて強くなったとは言えず、弱含みが鮮明になっている。主因は製造業で、輸出が弱くなり生産が低下し、稼働率低下を受けて設備投資を絞り込んでいる。加えて、日中関係や世界経済の先行き不透明感などで、設備投資は先送り方向となっており、設備投資の先行指標である機械受注はさえない。内閣府は10─12月の機械受注見通しで前期比5.0%増を見込んでいるが、そのハードルは相当高く、減少が続く可能性が高い。

 (東京 12日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below