Reuters logo
UPDATE1: 日産自<7201.T>、2016年度末まで新たに15モデルのハイブリッド車投入 電気自動車にも新車種
2012年12月12日 / 04:16 / 5年前

UPDATE1: 日産自<7201.T>、2016年度末まで新たに15モデルのハイブリッド車投入 電気自動車にも新車種

 [横浜 12日 ロイター] 日産自動車(7201.T)は12日、2016年度末までに新たに15モデルのハイブリッド車(HV)を投入する計画を明らかにした。同社はすでに「セレナ」「フーガ」のHVを販売しており、今後、前輪駆動のHVやプラグインハイブリッド(PHV)を追加することで、HVを合計17モデルとする。また、14年に高級車「インフィニティ」の電気自動車(EV)を発売、16年にもEVの新車種を追加する。

 

 同社は10年12月にEV「リーフ」を発売。16年までに仏ルノー(RENA.PA)ととも世界で累計150万台のEVを販売することを計画しているが、インフラ、航続距離、価格などの課題が残り、これまで「リーフ」の累計販売台数は4万6000台程度にとどまっている。

 

 説明会に出席した志賀俊之最高執行責任者(COO)は、EVは、販売が当初の計画通りに進んでいないからといって「後退するわけにはいかない重要な戦略だ」と強調。来年から米国や欧州でも計画通り生産が始まるとし、欧米での販売拡大に意欲を示した。

 

 同社は次世代環境車の本命をEVと定めており、今回、HVを大幅に増やす計画を示したことは大きな方針転換にみえる。ただ、志賀COOは、内燃機関の進化に限界が来た段階で徐々にHV化が進み、その先にEVがくると当初から想定していたという。その上で、日産自としてはEVの先行開発で電池やモーターなどの電動化技術を蓄積しつつ、車両のHV化を準備する計画だったと説明。他社とは電動化へのアプローチが異なっていたとの認識を示した。

 

  (ロイターニュース 杉山健太郎;編集 田中志保)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below