Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(28日)
2013年5月28日 / 07:17 / 4年前

東京マーケット・サマリー・最終(28日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
          ドル/円JPY=    ユーロ/ドルEUR=   ユーロ/円EURJPY=
  午後5時現在  102.23/25  1.2901/05  131.90/94
  東京午後5時 101.00/01  1.2940/41  130.70/74
      
  午後5時のドル/円は、前日の東京市場午後5時時点に比べてドル高/円安の102円
前半。午後、日経平均が一段高になると102.06円まで上昇した。ただ、株高持続へ
の懐疑的な見方から上値は重く、102円台でドルを買い増す機運は高まらなかった。そ
の後、夕刻に入るとドルは102円台でじりじりと上値を切り上げた。

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14311.98円(169.33円高)
         13943.62円─14399.78円
 東証出来高   42億0507万株
 東証売買代金  3兆1762億円

 東京株式市場で日経平均は反発。先物主導で朝方こそ1万4000円を割り込んだもの
の、為替が円安に振れたことで切り返した。自動車など主力輸出株が堅調。ただし休場明
けの米国市場を見極めたいとの声もあり、リバウンド後は伸び悩み、25日移動平均線近
辺に上値を抑えられる格好となった。
 東証1部騰落数は、値上がり893銘柄に対し、値下がりが737銘柄、変わらずが
85銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時26分現在

 無担保コール翌日物金利            0.070%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り      0.085%(─0.005)
                      0.085─0.085%
 ユーロ円3カ月金利先物(12月限)    99.765(+0.005)
              安値─高値   99.755─99.765

  無担保コール翌日物の加重平均レートは0.070%と、前日(0.072%)に比べ
て小幅低下した。初の70兆円台に増加する高水準の当座預金残高を受けて資金余剰感が
一段と強まり、金融機関の資金調達圧力は限られた。日銀が実施した共通担保資金供給
(全店、固定金利方式)は、応札額が3170億円と入札予定額8000億円に届かず札
割れ。1カ月物の札割れは13回連続。ユーロ円3カ月金利先物は期先にかけて弱含みに
推移したが、出来高は低水準。

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)    141.84(─0.59)
                安値─高値   141.70─142.51
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.905%(+0.070)
              安値─高値     0.905─0.845%

 国債先物中心限月6月限は前日比59銭安の141円84銭と大幅反落して引けた。事
前の警戒感が強かった20年債入札が低調な結果になったのを受けて下げ幅を拡大。日経
平均が反発を強めると、現物中長期ゾーンに銀行などの国内勢の売りが出て、下げ足を速
める場面もあった。5年利付国債利回りは同5bp高い0.400%に上昇、10年最長
期国債利回り(長期金利)は一時同7bp高い0.905%に上昇。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 2.0─2.5bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 2.5─3.0bp
 電力債(東電)  5年 280─300bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ19ITJJP5Y=GFにタイト化圧力がかかった。プレミアムは91ベーシスポイ
ント(bp)と、前日引けの95bpを4bp下回る水準を付けた。指数は乱高下を繰り
返す日経平均株価.N225との連動性を高めており、28日は株価上昇を手掛かりにポジ
ションがリスクオンに傾いたとの見方が出ていた。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時25分現在の気配)

       2年物 0.33%─0.23%
       3年物 0.40%─0.30%
       4年物 0.49%─0.39%
       5年物 0.60%─0.50%
       7年物 0.83%─0.73%
      10年物 1.12%─1.02%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 28日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below