Reuters logo
東京外為市場・正午=ドル81円後半、短期筋がクロス円で円売り仕掛け
2012年4月10日 / 03:12 / 5年前

東京外為市場・正午=ドル81円後半、短期筋がクロス円で円売り仕掛け

         ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=   ユーロ/円EURJPY=
正午現在    81.73/75  1.3140/44  107.40/45
午前9時現在  81.63/65  1.3107/11  107.00/05
NY午後5時   81.53/57  1.3106/07  106.77/82
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 10日 ロイター]正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ
ドル高の81円後半。商業決済が集中する五・十日に当たるこの日は、仲値にかけて小幅
なドル不足が予想されていたが、ふたを開けると、実需の過不足は限られ、むしろ米系フ
ァンドなど短期筋の円売り仕掛けで、円が対ドルや対諸通貨で下落する展開となった。
  
 前日の海外市場では、4月27日の日銀金融政策決定会合で追加緩和を示唆する日経新
聞電子版の報道を受け、円が30銭弱含む場面があった。今朝も、「一部の超短期のプレ
ーヤーが円ロングを巻き戻していた」(外銀)との指摘が出ていた。ドルは朝方の安値
81.50円付近から一時81.87円まで上値を伸ばした。

 
 <海外勢がクロス円で円売り>

 午前の外為市場では、米系ファンドを中心とする海外勢によるクロス円での円売り仕掛
けが目立っていた。ファンド勢の円売り手掛かりは、日銀による金融緩和期待だ。
 こうした動きを受けユーロ/円EURJPY=Rは朝方の安値106.84円から一時107
円半ばまで上昇。豪ドル/円AUDJPY=Rは84円付近から84円後半まで上昇した。
 本邦勢の大半は、この日の会合で日銀が金融緩和を見送ると予想するが、「もし、そう
なっても、若干の円買い戻しが出る程度だろう」(外銀)とされ、失望感から大幅な円高
へ振れるリスクは限定的だという。
 オプション取引では、海外勢が109円、110円でコールを買う動きがみられ、海外
勢の間では円安見通しがあるもようだ。
 
 安住財務相は10日、円相場について、いま何かをコメントすることはない、と述べた
。また、一喜一憂しないとし、円相場の日々の変動幅は大きいが様子を見る必要がある、
との認識を示した。また、4月は経済指標など上向きな流れがあると指摘し、ここで土台
を作り、飛躍しないといけない、とした。市場の反応は限定的だった。
 

 
 <対日銀圧力>

 古川経済財政相は閣議後の会見で、日銀にはCPI1%上昇に向け、柔軟・果断な金融
政策を期待する、と述べた。
 政治サイドからの圧力を確認した短期筋の間では、日銀の金融緩和に対する期待値が上
昇し、根強い円売りにつながっている。
 野田佳彦首相は9日午後の国家戦略会議で、デフレ脱却や経済活性化に向けた関係閣僚
会議を戦略会議の下に新設することを明らかにした。月内に初会合を開き、古川元久経済
財政担当相が中心となって物価動向など経済状況を点検する。日銀の白川方明総裁もオブ
ザーバーとして出席する。 
 野田首相は「デフレは10年以上にわたる大きな課題。デフレ脱却と経済活性化に向け
体系的に経済政策を構築するとともに、物価等経済状況の点検を行う」と新会議設置の
狙いを説明した。 
 戦略会議終了後に会見した古川経財相は、長引くデフレについて「生産から所得、民需
へと結びつく好循環が実現せず、さらにデフレ圧力が続く根強い構造がある」と指摘。「
(新たな)会議での検討を通じ、デフレを生みやすい日本の経済構造にしっかり対処した
い」と述べた。  

 
 <バーナンキ発言>

 午前9時前の早朝の市場では、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言受け
若干ドル高となったが、その後ドルは小幅に反落した。発言直前のドルは81.55円
付近で、講演内容が報道された直後に81.58円まで強含み、その後は81.53円ま
で反落した。
  バーナンキ議長はアトランタ連銀主催の金融市場に関する会合で、米経済について、
金融危機の影響から全面的に回復したと言える状況には依然程遠いとの認識を示し、監督
当局は銀行システムを強化する新たな方法を見つける取り組みを継続すべきと指摘した。
現在の経済情勢や金融政策の見通しには言及しなかった。 
 また、金融安定化政策は、現在は、中銀にとって金融政策と同等の責務であると指摘し
たうえで、うまくいった点やコミュニケーション改善余地を特定するため、直近の銀行ス
トレステストの結果を点検している、とし、システム上の重要性を特定する基本プロセス
はできているが、さらに調整が必要だと述べた。
 
 為替市場ではバーナンキ発言前に、「(米金融)政策がガラッと変わる余地は乏しく、
前回と大きく異なる趣旨の発言にはならないだろう」(外為アナリスト)との見方があり
「バーナンキ発言も、日銀金融政策決定会合も、大きなサプライズにはならない公算が
高い」(同)との意見が聞かれた。


 (ロイターニュース 森佳子)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below