Reuters logo
〔情報BOX〕日銀の成長基盤支援オペ・米ドル資金供給の概要
2012年4月10日 / 03:32 / 5年前

〔情報BOX〕日銀の成長基盤支援オペ・米ドル資金供給の概要

 [東京 10日 ロイター] 日銀は9、10日に行った金融政策決定会合で、成長基
盤強化を支援するための資金供給策として新たに設ける米ドル資金の貸付について、以下
のように決定した。
 
 
  <対象とする投融資>
 
  わが国経済の成長基盤強化に資すると認められる、1年以上の外貨建て投融資。各対
象先金融機関は、対象投融資についての取り組み方針を策定し、日本銀行の確認を受ける。
  
  ──海外向け投融資については以下の例示に該当するなど、わが国経済の成長基盤強
化に資するものであること。
  1)国内における生産・サービス活動、設備投資または雇用の増加に資することが見
込まれるもの。
  2)国内における企画・研究開発機能の強化、新規事業の立ち上げ、業務継続態勢の
強化などを伴う国際的分業態勢の構築に資することが見込まれるもの。
  3)国内において使用する原材料の安定調達に資することが見込まれるもの。
 
 
  <対象先金融機関>
 
  成長基盤強化を支援するための資金供給の対象先金融機関のうち、ニューヨーク連邦
準備銀行に米ドル口座を保有する先および同行に口座を保有する先へ米ドル決済を委託し
ている先。
 
 
  <資金供給方式>
 
  米ドル資金の有担保貸し付け
 
 
  <貸付期間>
 
  1年とし、3回の借り換えを可能とする(最長4年)
 
 
  <貸付利率>
 
  米ドル・6カ月物LIBORとし、半年ごとに金利を見直す。
 
 
  <貸付総額>
 
  日本銀行が保有する米ドル資金のうち、120億ドル
  ──新規貸付は四半期に1回の頻度で実施し、1回あたりの貸付額は20億ドル程度
とする予定
 
 
  <対象先金融機関ごとの貸付限度額>
 
  対象先金融機関ごとの貸付残高の上限は10億ドル。各対象先金融機関は2012年
4月以降に行った個別投融資の残高の範囲内で借り入れを行うことができる。
 
 
  <貸付受付期限>
 
  2014年3月末(新規貸付の最終実行期限は同年6月末)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below