Reuters logo
UPDATE1: シャープ<6753.T>、堺工場を連結対象外に 大日印<7912.T>と凸版<7911.T>に一部売却へ
2012年4月10日 / 05:02 / 5年前

UPDATE1: シャープ<6753.T>、堺工場を連結対象外に 大日印<7912.T>と凸版<7911.T>に一部売却へ

 [東京 10日 ロイター] シャープ(6753.T)が、主力液晶パネル工場の堺工場(大阪府)の運営子会社を連結対象から外すため、大日本印刷(7912.T)と凸版印刷(7911.T)に持ち株の一部を売却する方向で調整に入ったことがわかった。これにより、シャープ本体の筆頭株主になる鴻海(ホンハイ)精密工業(2317.TW)グループが、堺工場の筆頭株主の立場も確保する。関係筋が10日、ロイターに明らかにした。

 売却の調整に入った堺工場の運営会社「シャープディスプレイプロダクト(SDP)」は現在、シャープが92.9%、ソニー(6758.T)が7.0%を出資。ホンハイとの資本業務提携で、ホンハイ会長の郭台銘(テリー・ゴウ)氏にSDPの持ち株の半数にあたる46.4%を譲渡することを決めたが、シャープはSDPの出資比率のさらなる引き下げを狙って、大日本と凸版に持ち株の一部を譲渡する方向で調整を始めた。大日本と凸版は液晶パネルの主要サプライヤーとして、堺工場内にカラーフィルター工場を設置している。

 シャープは3月27日、ホンハイと資本業務提携を締結し、ホンハイグループが9.8%を出資する筆頭株主になる見込み。ホンハイは、堺工場で生産する液晶パネルの半数を引き取ることにした。堺工場は今年に入って操業率を50%まで減少させている。ホンハイによる引き取りは10月以降に始まる予定で、操業の安定化が図れる見込みだが、連結子会社から外して業績への影響を回避する。

 (ロイターニュース 村井令二)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below