Reuters logo
UPDATE2: Jフロント<3086.T>、13年2月期は2桁営業増益予想 増床改装した百貨店が寄与   
2012年4月10日 / 07:11 / 5年前

UPDATE2: Jフロント<3086.T>、13年2月期は2桁営業増益予想 増床改装した百貨店が寄与   

*決算の詳細を加えました。 

 [東京 10日 ロイター] J.フロント リテイリング(3086.T)は10日、2013年2月期が増収増益になるとの見通しを発表した。連結営業利益は前年比20.4%増の260億円と、3期連続の増益を見込む。改装効果などで、主力の百貨店事業がけん引する。

 トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト6人が過去90日間に出した営業利益予測の平均値は243億円で、会社予想はこれを上回った。

 売上高は同3.4%増の9730億円を見込んでいる。震災の反動増や増床効果により、大丸松坂屋は、前年比3.6%増を計画。奥田務会長兼最高経営責任者(CEO)は会見で「諸状況を考えると手放しで楽観できる状況ではない」としながらも「百貨店を中心に利益の出る旗艦店の改装により、闘いやすくなる」と述べた。

 昨年4月に増床オープンした大丸梅田店がフルに寄与するほか、今秋には、大丸東京店が1.4倍の売り場面積となってオープンする予定。

 大丸東京店の増床投資で販売管理費は増加するものの、売り上げ増により吸収し、営業利益は大幅増益を見込む。

 12年2月期の連結売上高は前年比0.9%減の9414億円、営業利益は同6.3%増の215億円になった。昨年3月の東日本大震災の影響により、期初に売上高が大きく落ち込んだ。下期は0.5%増となるなど持ち直したものの、期初の落ち込みをカバーできなかった。

 当期利益は同約2.1倍の188億円となった。法人税率引き下げによる繰り延べ税金負債の取り崩しにより、法人税等調整額が大幅に減少した。

 配当は年間1円増配して8円とした。今期も8円を継続する予定。

 <パルコ株の買い増しは考えず> 

 3月23日付で32.24%を保有したパルコ(8251.T)株の買い増しについては「現時点では考えていない。スタイリングライフ・ホールディングスも過半数を持っていないが相乗効果は出ている」とした。

 今後、両社で提携委員会を発足させて、具体的なシナジー創出の議論に入ることでは合意しており、期限を切らずに検討を進めるという。パルコとは、高質・高付加価値の追求、大都市型の商業施設、グレードやテイスト、店舗・顧客基盤などで共通性があり、Jフロントが進めている新百貨店モデルのうち、ショップ運営がパルコのビジネスモデルと共通している等の点もあり、シナジーが期待できるとした。

 すでにパルコと提携協議をしているイオン(8267.T)との関係については「パルコのやり方の問題。我々とパルコとがどのようなシナジーを出せるかだ」と指摘。そのうえで「今、パルコと提携委員会を立ち上げようと合意して進め方を検討している段階」と述べ、具体的なことには触れなかった。

 

 (ロイターニュース 清水 律子)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below