Reuters logo
NY市場サマリー(10日)
2012年4月10日 / 21:59 / 5年前

NY市場サマリー(10日)

                   (カッコ内は前営業日比、%は利回り) ドル/円    終値    80.68/71          始値    81.04/06      前営業日終値    81.53/57    ユーロ/ドル  終値   1.3082/83         始値   1.3117/20     前営業日終値   1.3106/07  30年債US30YT=RR              (2105GMT)            99*29.00(+1*09.00) =3.1297%        前営業日終盤          98*20.00(+0*07.00) =3.1967%     10年債US10YT=RR             (2105GMT)           100*04.00(+0*17.50) =1.9858%       前営業日終盤           99*18.50( 0*00.00) =2.0474%      5年債US5YT=RR       (2105GMT)        100*22.75(+0*08.50) =0.8536%       前営業日終盤       100*14.25(‐0*02.75) =0.9082%     2年債US2YT=RR             (2105GMT)           99*29.50(+0*01.75) =0.2898%        前営業日終盤         99*27.75(+0*00.25) =0.3176%   ダウ工業株30種(ドル).DJI      終値         12715.93(‐213.66)        前営業日終値       12929.59(‐130.55)  ナスダック総合.IXIC      終値         2991.22(‐55.86)        前営業日終値       3047.08(‐33.42)  S&P総合500種.SPX      終値         1358.59(‐23.61)        前営業日終値       1382.20(‐15.88)  COMEX金(6月限)(ドル/オンス)2GCM2GCM2<0#GC:>          終値     1660.70(+16.80)      前営業日終値          1643.90(+13.80)  COMEX銀(5月限)(セント/オンス)2SIK2SIK2SIcv1<0#SI:>          終値     3167.9(+15.5)      前営業日終値          3152.4(‐20.6)  原油先物(5月限)(ドル/バレル)2CLK2CLK2<0#CL:>          終値     101.02(‐1.44)       前営業日終値        102.46(‐0.85)   CRB商品指数(ポイント).CRB           終値     300.45(‐4.37)      前営業日終値       304.82(‐1.66) --------------------------------------------------------------------------------  <為替> 円が対ドルでおよそ1カ月ぶり、対ユーロで約7週間ぶり高値をつけた。日 銀が9─10日に開いた金融政策決定会合で追加緩和を見送ったことに加え、スペイン・ イタリア国債利回りが上昇し、世界経済をめぐる懸念が意識された。  同日の欧州債券市場ではスペイン国債利回りが6%に迫る一方で、独10年物利回りは 昨年9月につけた過去最低水準に並び、市場では、ユーロ圏の債務問題が尾を引き、世界 経済の成長を下押しするとの懸念が浮上した。ユーロや株式などのリスク資産を手放し、 安全資産とされる円や米国債などを買い進む動きが広がった。   ロイター・データによると、ドル/円JPY=は一時、3月初旬以来の安値となる 80.65円をつけた。直近では80.70円。  ユーロ/円EURJPY=は、およそ7週間ぶり安値となる105.47円をつけた後はや や持ち直し、1.22%安の105.52円で推移している。    NY外為市場:[USD/J] --------------------------------------------------------------------------------  <債券> 国債価格は上昇。世界経済成長への懸念から安全資産とされる米国債の需要 が高まり、指標債利回りはここ4週間余りで初めて2%を割り込んだ。  スペイン10年債ES10YT=TWEB利回りが上昇し節目となる6%に迫ったことから、欧 州債務問題をめぐる懸念も再び強まった。  3月の中国貿易収支は予想外の黒字となったものの、輸入の伸びがエコノミスト予想を 下回り、同国経済が減速しているとの見方が裏付けられたことも、成長をめぐる懸念が強 まる要因となった。    米金融・債券市場:[US/BJ] --------------------------------------------------------------------------------  <株式> 売りが加速し、ダウ工業株30種とS&P総合500種指数は5営業日続落 して終了した。主要3指数のこの日の下落幅と下落率はいずれも年初来最大となった。  この日はS&P総合500種のすべての業種が下落。特に工業株と素材関連株が大きく 下げ、ニューヨーク証券取引所とナスダックに上場している銘柄の約80%がマイナス圏 で終了した。  アップル(AAPL.O)は一時644ドルに上昇し、過去最高値を更新。時価総額が初めて 6000億ドルを超えた。ただ、この日は1.2%安の628.44ドルで取引を終えた。  スーパーマーケット・チェーン第3位のスーパーバリュー(SVU.N)は15.2%高と急 伸。決算が予想を上回ったことが好感された。  一方、家電量販店ベスト・バイ(BBY.N)は5.9%安。28年間にわたり同社の最高経 営責任者(CEO)を務めたブライアン・ダン氏の辞任が嫌気された。   米国株式市場:[.NJP] --------------------------------------------------------------------------------  <金先物> 世界的な株安を背景に安全資産への需要が膨らみ、中心限月6月物は3営 業日続伸して引けた。立会取引のレンジは、1638.00─1657.00ドル。  取引序盤は対ユーロでのドル買い戻しをにらみ、ドル建てで取引される金塊は割高感か ら売りに押された。しかし、午後に入ってリスク回避ムードが一段と濃厚となると、安全 資産とされる金塊を対象に「質への逃避買い」が殺到した。   NY貴金属:[GOL/XJ] --------------------------------------------------------------------------------  <原油先物> ドル高と中国の需要鈍化に対する警戒感の高まりを背景に続落。米国産 標準油種WTIの中心限月5月物は2月14日以来約2カ月ぶりの安値で取引を終了、 6月物は1.42ドル安の101.56ドルで引けた。   原油相場は朝方から弱含みで推移。中国税関総署が10日発表した3月の輸出額と輸入 額の伸びが前年から鈍化したことや、3月の原油輸入量が前月比0.4%減だったことが 原油相場を圧迫した。前週に発表された軟調な米雇用統計に加え、中国の景気後退観測が 拡大したことから、需要鈍化懸念が改めて強まった。また、スペイン、イタリア国債の利 回りが上昇し欧州債務不安が再燃したことから、外為市場では対ユーロでドル高が進行。 このため、ドル建ての原油相場は割高感から売りが一段と加速した。    NYMEXエネルギー:[CR/USJ] --------------------------------------------------------------------------------                            [東京 11日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below