Reuters logo
マレーシアのエアアジアX、IPOで7.9億株売却へ=仮目論見書
2012年11月2日 / 07:17 / 5年前

マレーシアのエアアジアX、IPOで7.9億株売却へ=仮目論見書

 [クアラルンプール 2日 ロイター] マレーシアの格安航空会社エアアジア(AIRA.KL)の長距離部門である「エアアジアX」は、新規株式公開(IPO)で7億9012万株を売却する予定。調達資金は航空機の購入や債務返済に充てる。2日公表された仮目論見書で明らかにされた。

 IPOは来年1月までに実施する予定で、約2億5000万ドルを調達する見込み。

 エアアジアXのIPOは、エアアジアの創業者であるトニー・フェルナンデス氏とカマルディン・メラナム氏が来年から開始を計画している3社のIPOのうち1件となる。両氏は3件のIPOで総額5億ドルの調達を目指している。

 目論見書によると、エアアジアXが売却する株式数は、拡大払込済み資本の33.3%に相当する。拡大払込済み資本の28.9%に相当する6億8568万株は機関投資家、残りの4.4%に相当する1億0444万株は個人投資家に配分される予定。

 ロイターは9月21日に、エアアジアXが今年12月か来年1月にクアラルンプール証券取引所に上場する計画だと伝えていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below