Reuters logo
豪中銀は必要に応じて追加緩和を実施する余地ある=IMF
2012年11月16日 / 02:46 / 5年前

豪中銀は必要に応じて追加緩和を実施する余地ある=IMF

 [ワシントン 15日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は15日、オーストラリアの経済政策やオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の緩和的な政策スタンスを支持し、必要に応じてRBAが追加緩和を実施する余地があると指摘した。

 豪経済の年次レビューの中で、IMFは政府の予算引き締め計画を支持。今年度(2013年6月30日まで)に財政収支の黒字化を達成することは、労働党政権にとって選挙に向けた主要な公約となっている。

 IMFは、中期的な財政黒字を維持する意向を支持するとし、これにより今後の衝撃や高齢化に伴う長期的なコスト増に対する財政余力が拡大すると指摘。ただし、経済見通しが急激に悪化して歳入が予想を下回り、黒字化の時期に遅れが生じることも考えられると付け加えた。

 IMFはまた、豪ドルが長期的な平均値よりも若干高めの水準にまだあり、鉱業以外の分野に打撃となっているほか、経常赤字を拡大させていると指摘した。

 オーストラリアの金融セクターについては、健全で耐性があり、調整が取れていると評価。ただし、家計の債務や住宅価格の高さ、オフショアの資金への依存など、金融上のリスクは残っているとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below