Reuters logo
米クライスラー、2.4億ドル投じてエンジン工場増強 フレキシブルライン導入へ
2012年11月16日 / 03:56 / 5年前

米クライスラー、2.4億ドル投じてエンジン工場増強 フレキシブルライン導入へ

 [デトロイト 15日 ロイター] 米自動車メーカーのクライスラー・グループは15日、ミシガン州の2カ所のエンジン工場に2億3800万ドルを投じることを明らかにした。より小型で燃料効率の良いエンジンに対する需要に応えるため、両工場の生産体制を強化する。

 デトロイトの工場に1億9800万ドル、トレントンの工場に4000万ドルそれぞれ投資する。デトロイト工場は現在、商用車向けのエンジンを製造しているが、2014年初頭までにV6エンジンを生産できるようにする。トレントン工場では、初めてフレキシブル生産ラインを導入する予定。

 親会社フィアットFIA.MIとクライスラーの最高経営責任者(CEO)を兼任するマルキオンネ氏は、デトロイト工場で記者団に、「エンジンのダウンサイズが行われている」と述べた。

 市場の状況によるが、デトロイト工場の従業員を250人増やす予定。ミシガン州ウォレンのトラック工場も2013年3月に1000人増員する計画という。

 マルキオンネCEOは、人員増強はクライスラーの再生をあらためて鮮明にすると説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below