Reuters logo
ECBの国債買い入れ、政府の改革努力を弱める恐れ=独連銀総裁
2012年11月16日 / 11:32 / 5年前

ECBの国債買い入れ、政府の改革努力を弱める恐れ=独連銀総裁

 [ベルリン 16日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるドイツ連銀のバイトマン総裁は16日、ECBによる国債買い入れがユーロ圏諸国政府の改革への取り組みを弱める可能性があると述べ、国債買い入れプログラムに反対する姿勢をあらためて示した。ベルリンで開かれた南ドイツ新聞主催のイベントでの発言。

 総裁は「中央銀行が行動できる唯一の機関だという印象を与えている。こうした見方に同意見ではなく、1人の中銀当局者また1市民として気掛かりだ」と述べた。

 さらに、ECBの新たな国債買い入れプログラムは中核的な金融政策の枠から外れているとも指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below