エディション:
日本

Breakingviews

Topics also related to コラム:

Photo

コラム:英国が直面する「ブレグジットの崖」、転落の影響は 5:41pm JST

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 英国は崖からの転落を回避しようとしている。だが、もし欧州連合(EU)の単一市場から撤退する「ハードブレグジット」を選択することになった場合、英国が転落の道をたどるかどうかは問題なのではない。その転落がどのようなもので、どれほど深刻かが問題なのだ。記事の全文

Photo

コラム:復活する独裁主義、共通する不吉な経済兆候 5:06pm JST

[ロンドン 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界各国の政治体制に独裁主義が復活しつつある。ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、トルコのエルドアン大統領といったあたりがその先駆けだ。主要国の指導者として権力を手にし、個人崇拝的な支持を確立している。

Photo

コラム:トランプ氏の「脅し」、EU結束を後押しか 2:05pm JST

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ドナルド・トランプ次期米大統領は、そこらの欧州連合(EU)支持者よりもEUの結束を強める役に立つかもしれない。米国が輸入するドイツ車への課税を強化すると脅したり、ロシアのプーチン大統領との取引に期待を示していることなどが圧力として働くことで、ドイツが支出を増やし、財政が悪化している南欧諸国への大幅譲歩へとつながる可能性があるからだ。

Photo

コラム:世界経済成長、トランプ政策で暗転の可能性 10:58am JST

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 向こう2年間の世界経済成長は、政策次第で良くも悪くもなり得る──。国際通貨基金(IMF)は最新の世界経済見通しでこうした二面的な結論を下した。

Photo

コラム:米企業買収、トランプ砲から身を守る「切り札条項」 2017年 01月 13日

[ニューヨーク 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ次期米大統領によるツイッターでの放言や気まぐれな政策に翻弄され、米企業は今後、買収計画を撤回したくなる場面が増えるかもしれない。そこで切り札となる可能性があるのが「MAC条項」だ。

Photo

コラム:米原発閉鎖が告げる「採算性メルトダウン」 2017年 01月 11日

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国では原子力発電事業の採算性が音を立てて崩れつつある。米電力大手エンタジーはこのほど、ニューヨーク市北方にある原発の閉鎖に合意し、その理由として天然ガスが低価格で推移していることを挙げた。

Photo

コラム:「人にやさしい経済」へ4つの誓い、第1歩は脱GDP 2017年 01月 10日

[ロンドン 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界各国の主流派(エスタブリッシュメント)が守勢に立たされている。英国が40年間に及ぶ欧州連合(EU)との絆を断つことを国民投票で決定し、ドナルド・トランプ氏が米国の次期大統領に選ばれたことは、既存の社会的・経済的エリート層に広がっている不幸を示す最も顕著な例である。

Photo

コラム:武田薬品のアリアド買収額は払い過ぎ 2017年 01月 10日

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本企業は海外企業の合併・買収(M&A)で法外に高い金額を支払う傾向がある。武田薬品工業による米バイオ医薬品会社アリアド・ファーマシューティカルズの買収もその例外ではない。

Photo

コラム:トランプ氏のトヨタ批判ツイート、神通力に限界 2017年 01月 9日

[ニューヨーク 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ次期米大統領はツイッターへの投稿でトヨタ自動車に脅しをかけたが、これがトランプ氏ツイートのピークとなるかもしれない。 | ビデオ

Photo

コラム:サムスン電子、先見の明ある投資が結実 2017年 01月 8日

[香港 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国のサムスン電子は、テクノロジーの新たなサイクルのスイート・スポットを打った。サムスンは6日、2016年第4・四半期(10─12月)の営業利益が市場予想を上回る77億ドル超との見通しを示した。デバイスの次世代メモリー・ディスプレーへの移行が進むに伴い、そうした分野へのサムスンの初期投資が実り始めている。

Photo

コラム:中国の偽造債券問題、レバレッジ懸念が再浮上 2017年 01月 6日

[北京 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の債券投資家を3つの問題が悩ませている。米連邦準備理事会(FRB)の利上げと、短期融資の減少による債券市場の流動性低下、そして証券会社での偽造債券取引問題だ。中でも、偽造債券問題は、債券相場の上昇を支えてきたレバレッジに対する市場の懸念を呼び起こしている。

Photo

コラム:トランプ氏の景気刺激策、景気後退を先延ばしするだけ 2017年 01月 4日

[ワシントン 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ次期米大統領は景気がかなり良い状態で政権を受け継ぐ。減税やインフラ投資は短期的に景気をさらに押し上げるはずで、来るべき景気後退(リセッション)を遅らせるかもしれない。しかし無くしてしまうことは無理だ。

Photo

コラム:売り圧力強まる人民元、2017年は抜本対策が急務 2017年 01月 1日

[ニューヨーク 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦準備理事会(FRB)が段階的な利上げを進めているため、ドルは一段と上昇する態勢にあり、2017年は他の全ての主要通貨に対して強含む公算が大きい。

Photo

コラム:ECBの「愛のむち」、イタリアでは逆効果 2016年 12月 31日

[ロンドン 28日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 欧州中央銀行(ECB)が振るう「愛のむち」は銀行にプラスの作用を及ぼすが、イタリアでは逆効果となっている。

注目の商品

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

中国資金逃避を加速

トランプ氏の「国境税」は、中国からの資本逃避を招き、大きな波紋を与える可能性がある。  記事の全文 | 関連記事 

写真

前途を覆う「ロシア疑惑」

モスクワにおける性的乱行の猥褻な詳細を提示したロシアの情報機関に、トランプ氏が弱みを握られたのではないかという疑惑は尾を引く可能性がある。  記事の全文 

Topics also related to Business:

トップセクション