エディション:
日本

国内株式

国内株価指数チャート

チャートをクリックすると各指標の詳細ページにジャンプします
値上がり・値下がり・出来高ランキングはこちら:

最新マーケット動向

NY市場サマリー(20日)

[20日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。米国で税制改革に向けた動き が進展するなか、財政の後押しにより米経済の成長が加速するのではないかとの見方から リスク選好が高まった。 米上院は前日、18年度予算の大枠となる予算決議案を可決した。これで上院の過半 数を握る共和党が単独で税制法案を通過させる環境が整ったことになる。予算決議が認め る減税が実施された場合、今後10年間で財政赤字は最大1兆5000億ドル拡大する可 能性がある。 ドルは対円で113.56円と3カ月高値をつけたほか、対スイスフラン<CHF =>でも0.9858フランと5カ月ぶり高値をつけた。両通貨ともリスク選好が低下した 時に買われ、反対に上昇した時は売られる傾向がある。 イエレン議長など米連邦準備理事会(FRB)当局者らが年内の追加利上げを示唆し ていることもドルへの強気な見方を支えているという。 こうしたなか、トランプ大統領がFRBの次期トップ人事について、パウエル理事と テイラー・スタンフォード大教授の両氏を議長か副議長かのいずれかに指名することを検 討

ホットストック:神戸鋼が軟調、社内調査後もデータ不正継続と伝わる 2017年 10月 20日

[東京 20日 ロイター] - 神戸製鋼所が軟調。アルミ・銅製部材のデータ改ざん問題を巡り、同社では8月の社内調査後も、アルミ・銅事業で不正が継続されていたことが20日分かったと、日本経済新聞が電子版で報じた。同日午後に記者会見で経緯について公表する見通しとしている。一連の問題の継続と今後の業績への影響を警戒した売りが出た。

日経平均株価とドル円相場・原油先物価格の推移
グラフィックス
出典:トムソンロイター・データストリーム

株価検索

レーティング格上げ

コード 過去4週間のレーティング変更 現在のレーティング中間値
3093.T 3.00to1.00 バイ
4763.T 2.00to1.00 バイ
5988.T 3.00to2.00 アウトパフォーム

レーティング格下げ

コード 過去4週間のレーティング変更 現在のレーティング中間値
7630.T 3.00to5.00 売る
7224.T 1.00to3.00 ホールド
4919.T 3.00to5.00 売る