エディション:
日本

〔アングル〕フィンテック推進の銀行法改正案、自民の一部が過剰規制と反発

2017年 02月 24日

[東京 24日 ロイター] - フィンテック(金融と情報技術の融合)推進を目的として金融庁がまとめた銀行法改正案に対し、自民党内から反対論が相次いでいる。法案の柱の1つのフィンテック企業への登録制導入は「過剰規制」だと指摘され、フィンテックベンチャーの育成を阻むとして反発を招いている。金融庁は3月3日までの閣議決定を目指しているが、同党の了承を得られるかどうか微妙な情勢になっている。記事の全文

〔アングル〕「働き方改革」で残業代減少、政府部内にも消費減退の懸念

2017年 02月 24日

[東京 24日 ロイター] - 政府が推進する「働き方改革」の結果、残業代の減少による消費減退への懸念が一部の政府関係者から出ている。プレミアムフライデーも始まり、消費活性化・デフレ脱却につなげようと政府は躍起だが、それには企業が生産性向上やコスト削減分を賃金に還元することが必要になるとの声がエコノミストから出ている。

安倍首相、夫人が大阪の小学校の名誉校長を辞任 名前使われ遺憾

2017年 02月 24日

[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日、午前の衆院予算委員会で、昭恵夫人が、国有地の払い下げ価格を巡り問題になっている大阪市の学校法人「森友学園」が開校を予定している小学校の名誉校長を辞任したと明らかにした。   問題になっているのは、大阪市の学校法人「森友学園」が小学校建設用地として、2016年、大阪府豊中市の国有地を評価額より大幅に安く購入した事案。

UPDATE 3-国有地売買関わっていない、関わっていれば責任取る=安倍首相

2017年 02月 24日

[東京 24日 ロイター] - 学校法人が小学校建設用地として取得した大阪府豊中市の国有地について、国が鑑定評価額を約8億円下回る1億3400万円で売却した問題を巡り、安倍晋三首相は「私や妻は関わっていない。関わっていれば政治家として責任を取る」と述べ、「私は職を賭して答弁している」と明言した。

民需主導の好循環、賃上げなど企業の積極的取り組みで確立=麻生財務相

2017年 02月 24日

[東京 24日 ロイター] - 麻生太郎財務相は24日の閣議後会見で、今年の春闘に関し、「民需主導の好循環は(賃上げなど)企業の積極的な取り組みによって確立される」との見方を示した。トヨタ自動車が22日に開いた労使協議会では、ベースアップ(ベア)を巡る両者の認識の差が目立ったが、麻生財務相は個別企業へのコメントは控えた。

〔表〕月例経済報告の基調判断の推移

2017年 02月 23日

[東京 23日 ロイター] - 月例経済報告の基調判断の推移は以下の通り。 2月(→)景気は、一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 1月(→)景気は、一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 2017年 12月(↑)景気は、一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 11月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 10月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 9月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 8月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 7月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 6月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。 5月(→)景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。

基調判断は維持、消費を下方修正・設備投資は上方修正=月例経済報告

2017年 02月 23日

[東京 23日 ロイター] - 政府は2月の月例経済報告で、個人消費を下方修正する一方で設備投資を上方修正した。全体の基調判断は維持し、「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」とした。

〔アングル〕広がる仮想通貨に法的な穴、差し押え対象外 世界的な対応の遅れ

2017年 02月 23日

[東京 23日 ロイター] - 仮想通貨取引所の登録制が4月から始まるのを前に、法制度の不備が専門家から指摘されている。その1つが、現行法で仮想通貨を差し押さえの対象にできない点だ。破産の危機に陥った個人が、財産を仮想通貨に換えれば財産を防衛できるという法的な「穴」が存在し、同じような不備は欧米でも指摘され、グローバルな課題となっている。課税や会計処理でも対応が遅れており、早急な法整備が大きな懸案として浮上している。

12月改定景気動向指数、一致指数は前月比‐0.3ポイント=内閣府

2017年 02月 23日

[東京 23日 ロイター] - 内閣府が23日発表した12月景気動向指数CI(コンポジット・インデックス)一致指数の改定値は、前月値から0.3ポイント低下の114.8だった。速報値(115.2)からは下方修正となった。

20年債落札は三菱UFJMS証3095億円、野村証1124億円=市場筋

2017年 02月 23日

[東京 23日 ロイター] - 市場関係者の推計によると、午後0時45分に結果が発表された20年利付国債入札における大口落札先は以下の通り。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社東芝 223.90 +4.14 508,096,000
株式会社みずほフィナンシャルグループ 211.10 -0.14 85,223,400
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 758.40 -0.76 55,314,400
株式会社キムラタン 8.00 +14.29 39,638,000
日本郵船株式会社 247.00 -2.37 30,901,000
株式会社商船三井 373.00 -1.32 14,536,000
ティアック株式会社 45.00 +0.00 13,005,000
野村ホールディングス株式会社 736.50 -0.34 11,826,900
東京電力ホールディングス株式会社 435.00 +0.46 8,700,400
株式会社ジャパンディスプレイ 280.00 +1.82 5,207,500
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円