〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(12日)

6:46am JST

[12日 ロイター] -              12 Feb 2016 円 113.27/113.29 ユーロ 1.1255/1.1260 スイスフラン 0.9765/0.9768 英ポンド 1.4500/1.4504 カナダドル 1.3846/1.3850 オーストラリアドル 0.7100/0.7105 ニュージーランドドル 0.6623/0.6626 メキシコペソ 18.8900/18.9000 デンマーククローネ 6.6310/6.6315 ノルウェークローネ 8.5772/8.5822 スウェー記事の全文

欧州市場サマリー(12日)

4:54am JST

[12日 ロイター] - (カッコ内は株式・債券先物が前営業日比、債券現物が前営業日終盤 ) <為替> 欧州終盤   アジア市場終盤  ユーロ/ドル     1.1232 1.1289  ドル/円 112.96 112.15  ユーロ/円 126.87 126.61 <株式> 終値      前営業日終値  FT100 5707.60(+170.63) 5536.97  クセトラDAX 8967.51(+214.64) 8752.87 <金現物>  午後値決め 1239.75 1241.00 <債券> *GMT:19時47分 先物清算値 独連邦債2年物(3月限)  111.86 (

外的ショックが主要リスク、金融政策は十分緩和的=NY連銀総裁

2:04am JST

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は12日、国内景気拡大が続く中、大きな外的ショックが主要リスクと指摘した。

再送-〔アングル〕-電機大手の業績に暗雲 中国のスマホ伸びず円高も加速

2016年 02月 12日 20:22 JST

[東京 12日 ロイター] - 国内の電機・デバイス大手の業績の先行きに暗雲が広がってきた。中国経済の減速やスマートフォン(スマホ)の伸び率鈍化に加え、足元の急速な円高も懸念に拍車をかけている。金融市場が大揺れの中、現在の状況は一時的な踊り場なのか、潮目が変わったのか。業界事情に詳しい市場関係者は見極めが必要だと指摘する。

インドネシアの2015年経常赤字、177.6億ドルに縮小=中銀

2016年 02月 12日 19:06 JST

[ジャカルタ 12日 ロイター] - インドネシア中央銀行の発表によると、第4・四半期の経常収支の赤字は51億1000万ドルに拡大し、国内総生産(GDP)比で2.39%だった。第3・四半期の改定値は1.94%だった。

東京マーケット・サマリー(12日)

2016年 02月 12日 18:34 JST

  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場>          ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 午後5時現在 112.16/18 1.1287/91 126.60/64 NY午後5時 112.42/45 1.1320/25 127.28/32   午後5時のドル/円 は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ド ル安/円高の112円前半。正午過ぎに浅川雅嗣財務官が官邸入りしたと伝わり、113 円台まで上昇する場面もあったが、その後は株安を受けて上昇分を返上した。  レポート全文: ------------------------------------------------------------------------------- <株式市場>  日経平均    14952.61円(760.78円安)          14865.77円─15437.22円  東証出来高   47億0416万株  東証売買代

〔マーケットアイ〕外為:ドル111円台に下落、米小売売上高での反転は難しいか

2016年 02月 12日 15:59 JST

きょうは米国で1月の小売売上高が発表される。通常は米国の景気動向を確認するうえで重要な指標となるが、今は株価や商品価格など全体的な雰囲気が相場を支配しているため、反応は限定されるという見方も出ていた。「すごく強い数字になれば安心感につながるが、戻り売りを待っている人たちもいる」(国内金融機関)といい、上昇しても勢いは出ないとみられる。

UPDATE 1-アジア通貨動向(12日)=軟調、インドルピーは約2年半ぶり安値

2016年 02月 12日 15:58 JST

(内容を追加しました) [シンガポール 12日 ロイター] - アジア通貨市場は軟調。米連邦準備理事会 (FRB)が利上げを急がないとの見方が広がっているものの、投資家のリスク回避姿勢 が根強く、売りが優勢となっている。 インドルピー は、国内株の下落を背景に約2年半ぶり安値をつけた。ただ、 中銀介入に対する警戒感から下げは限定的。 タイバーツ は、ソムキット副首相の発言を受け下落した。同副首相は、中銀 は、輸出に影響を及ぼさないよう為替相場を管理することが可能との見解を示した。これ を受け、バーツの一段高抑制に向けて介入が行われるとの観測が高まった。 韓国ウォン は、海外勢の国内株・国債売りで下落。マレーシアリンギ<MYR =MY>は、ノン・デリバラティブ・フォワード市場のストップロスの売りで下落した。 大半のアジア通貨は週間ベースで下落する見通し。インドルピーと韓国ウォンの下げ が特に目立ち、今週ともに約1.2%下落している。 0600GMT(日本時間午後3時)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場は以下 の通り。中

「QQEトレード」の巻き戻しで円高リスクも=来週の外為市場

2016年 02月 12日 15:39 JST

[東京 12日 ロイター] - 来週の外為市場では、欧州金融セクターや原油安への不安が残り、国際金融市場の動揺が続くなか、量的・質的金融緩和(QQE)で膨らんだ投機筋の円売りポジションが一段と巻き戻される余地がありそうだ。春節明けの中国市場の動向も警戒されている。

東京外為市場・15時=ドル112円半ば、日銀総裁・首相会談後は株安で下押し

2016年 02月 12日 15:38 JST

[東京 12日 ロイター] -        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 112.42/44 1.1300/04 127.04/08  午前9時現在 112.49/51 1.1314/18 127.28/32  NY午後5時 112.42/45 1.1320/25 127.28/32 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時点とほぼ同水準の112円前 半だった。正午過ぎに浅川雅嗣財務官が官邸入りしたと伝わり、113円台まで上昇する 場面もあったが、その後は株安を受けて上昇分を返上した。 前日海外時間、1年3カ月ぶりの水準となる110円台にドル安/円高が進んだこと で、市場の一部では政府・日銀によるドル買い/円売り介入が警戒されている。黒田東彦 日銀総裁、正午を挟んで浅川財務官がそれぞれ首相官邸入りしたと伝わると、112円前 半だったドルは113.02円まで上昇した。 ただ、上昇の勢いは続かず、黒田総裁が会談後に首相との協議内容を明らかにすると 112円半ばまで押し戻された。その後、午後3

注目の商品

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 155.20 -3.66 488,632,700
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 446.20 -2.23 269,335,700
株式会社神戸製鋼所 79.00 -7.06 90,751,000
株式会社東芝 158.00 -6.06 88,137,000
野村ホールディングス株式会社 446.60 -9.21 68,556,200
株式会社日立製作所 431.00 -6.41 68,104,000
双日株式会社 194.00 -7.18 62,405,400
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社 291.90 -0.78 57,072,000
株式会社IHI 155.00 -9.36 55,775,000
株式会社新生銀行 128.00 -2.29 48,083,000
2016年 02月 13日 07:15 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円