エディション:
日本
Photo

日経平均は3日ぶり反落、円高と原油安を嫌気 3:42pm JST

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、3日ぶりに反落した。前日の米株は続伸したが、為替が1ドル111円台半ばと伸び悩んだことが主力輸出株の重しとなった。石油輸出国機構(OPEC)と産油国は25日、原油減産を9カ月間延長することを決定した。だが、延長は予想通りで材料出尽くしと受け止められ、米原油先物は下落。東京市場でも石油関連株が弱含んだ。後場にドル/円<JPY=>がやや円高に振れると、指数は一段安となった。記事の全文

原油先物

現値 前日比 前比%
米WTI原油先物 48.76 -0.14 -0.29%

 

現値 前日比 前比%
北海ブレント原油先物 51.37 -0.09 -0.17%
OPECの苦闘
グラフィックス
写真

ドイツ銀 頼みの綱

ドイツ銀行が深刻な危機には至らないと予想させる要因は幾つかある。しかし決定打はただ一つ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「怒れる男」選ぶか

米国民は、「怒れる男」を大統領に選ぶつもりなのだろうか。  記事の全文 | 関連記事 

写真

投資家試す比大統領

フィリピンのドゥテルテ大統領は投資家の限界を試している。  記事の全文 

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円
写真

トランプ時代、日本の重責

過去40年余りを振り返り、日本の安全保障を巡る国際情勢がこれほどまで不安定さを増したことはなかったと加藤隆俊元財務官は指摘。  記事の全文 

写真

トランプ離れが招く円高

米議会の離反でトランプ政権が再び「外弁慶」化すれば、米景気減速懸念と合わさって円高が進みかねないと大和証券の亀岡裕次氏は分析。  記事の全文