エディション:
日本

北朝鮮特集

日英首脳、今夜会談へ

 【モスクワ共同】安倍晋三首相は28日午前(日本時間同日午後)、プーチン・ロシア大統領と会談したモスクワを政府専用機でたち、英国入りする。メイ首相と28日昼(日本時間同日夜)、ロンドン郊外の首相別荘で首脳会談。英国の欧州連合(EU)離脱問題が、両国の経済関係に与える影響を協議する。北朝鮮を巡っては核・ミサイル開発や挑発行為をやめさせるために連携を確認する方針だ。

官民調査団、来月北方領へ

 【モスクワ共同】安倍晋三首相は27日午後(日本時間同日夜)、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談した。北方領土での共同経済活動実現に向け、事業案に優先順位をつけるため、専門家らによる合同の官民調査団を北方四島へ来月中にも派遣することで合意。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮対応で緊密に連携し、国連安全保障理事会決議の履行と、さらなる挑発行動の自制を働き掛けることでも一致した。

北朝鮮が挑発なら「速やかに懲罰」、米韓が合意

米国のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)と韓国の金寛鎮国家安全保障室長は27日、電話で会談し、北朝鮮がさらなる挑発行為に出た場合、「迅速な懲罰手段」を取ることで合意した。

米政権、北朝鮮政策で声明発表

 【ワシントン共同】トランプ米政権は26日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「差し迫った安全保障上の脅威」とする声明を発表した。核放棄を迫るため、北朝鮮への経済制裁を強化して外交圧力を加えることで、対話を模索するとの基本方針を明らかにした。上下両院の全議員を対象に北朝鮮政策を説明する異例の大規模会議を開き、北朝鮮核問題の深刻さを訴えた。