エディション:
日本

北朝鮮特集

中国が北朝鮮国境の防衛強化、危機に備える動き=WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国が北朝鮮との国境地帯の防衛を強化し、北朝鮮を巡って起こり得る危機に備えていると伝えた。中国側は新たに国境防衛部隊を配置し、民間人用のシェルターを建設しているという。

北朝鮮国連大使のビザ拒否

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の慈成男国連大使が米国から査証(ビザ)の更新を拒まれ、5月から約2カ月間にわたりビザが失効した状態に陥っていたことが21日、分かった。米朝外交筋が明らかにした。国連大使のビザが長期間更新されないのは異例。米政府は理由を明らかにしていないが、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する圧力強化の一環の可能性が高い。

対北、中国に影響力行使求める

 岸田文雄外相は21日、東京都内の飯倉公館で英国のジョンソン外相と戦略対話を開き、北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向け圧力を強化する方針を確認した。北朝鮮と経済的に結びつきの強い中国に影響力を行使することを求める必要があるとの認識も申し合わせた。

安倍首相、韓日議連と会談

 安倍晋三首相は21日、超党派の韓国国会議員でつくる韓日議員連盟の姜昌一会長らと官邸で会談し、日韓関係に関し「(両国は)北東アジア地域の平和と安定に大きな責任を有している。文在寅大統領と手を携えて、力を尽くしたい」と述べた。姜氏は与党「共に民主党」所属の重鎮議員。

英国、北朝鮮対応で日本と協力=英外相

英国のジョンソン外相は21日、英国は北朝鮮の核ミサイル開発抑制に向け、日本と共に対応するとの見解を示した。ジョンソン外相は岸田文雄外相との共同記者会見で「英国は北朝鮮の一貫した国連決議違反を阻止するという固い決意をもって日本と協力して取り組む」と述べた。