エディション:
日本

北朝鮮特集

イランが米企業15社に制裁、ミサイル開発巡る措置に報復

イランが、人権侵害やイスラエルとの協力を理由に米国企業15社に制裁を科した。イラン国営通信(IRNA)が26日報じた。イランのミサイル開発などを支援したとして、米国が中国企業などへの制裁を決定したことへの報復とみられる。

正男氏遺体、火葬後引き渡しか

 【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアの中国語紙、中国報(電子版)は26日、マレーシア警察の警官4人が同日、北朝鮮国籍の容疑者ら3人を聴取するため、クアラルンプールの在マレーシア北朝鮮大使館に立ち入ったと報じた。事件後、警察が大使館に入ったのは初めてという。報道が事実であれば、北朝鮮側が大使館立ち入りを認めたことになり、協議が進展した可能性がある。

日豪閣僚協議、来月20日軸

 日豪両政府は4月20日を軸に外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を東京で開催する調整に入った。北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の東・南シナ海での海洋進出など厳しい安全保障環境を踏まえ、アジア太平洋地域の平和と安定に向けてトランプ米政権を含む3カ国の協力強化を確認する見通しだ。日本政府関係者が24日、明らかにした。

バングラ中銀盗難、米当局が起訴準備 北朝鮮関与の疑い=WSJ

ニューヨーク連銀が管理するバングラデシュ中銀の口座がハッキングされ、8100万ドルが不正送金された盗難事件で、米検察当局は北朝鮮が盗難を指示した疑いを踏まえた形での起訴を準備している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。

敵基地攻撃能力の検討、自民が3月中に政府へ提言=関係者

自民党は3月中に敵基地攻撃能力の保有に向けた提言をまとめ、政府に検討を求めることを決めた。今年夏前までに防衛力全般の強化を提言する方針だったが、関係者によると、発射が相次ぐ北朝鮮の弾道ミサイルへの対応部分については、検討を速める必要があると判断した。

訂正:護衛艦「かが」就役、海自のヘリ空母4隻体制に

空母のような外観の海上自衛隊の護衛艦「かが」が22日、就役した。多数のヘリコプターを搭載できる日本の艦艇は4隻体制となり、海自のすべての護衛隊群に1隻ずつ配備されることになる。中国軍の海洋進出が活発になる中、自衛隊は対潜水艦戦や島しょ防衛の能力を引き上げる。