エディション:
日本

自動車

中国自動車販売、9月は前年比+5.7%=業界団体

中国汽車工業協会(CAAM)が12日発表した9月の自動車販売台数は、前年比5.7%増の271万台となった。増加は4カ月連続。世界最大の中国市場で販売に勢いが増していることが示された。

トヨタ、2020年代半ばまでに国内販売車種を半減へ=関係筋

トヨタ自動車は2020年代半ばまでに国内で販売する車種を約30程度と現行から半分に減らす方針。国内需要の拡大が見込めない中、車種を絞ることで開発や販売の効率を上げる。国内で地域別の販売戦略組織も新設する。地域に合った品ぞろえやサービスを強化する狙い。同社は12日に開く全国販売店の代表者が集まる会議で報告する見通し。関係筋が明らかにした。

パナソニック、22年にも中低速域での自動運転システム搭載へ

パナソニック は10日、中低速域での自動運転システムを2022年をめどに市販車に搭載する方針を明らかにした。将来的に大幅な需要拡大が見込まれる自動運転分野では、同社は「周回遅れ」(技術系幹部)だが、デジタル家電分野で培った画像処理技術などを武器に巻き返しを図る。