エディション:
日本

政局の行方

稲田氏「自衛隊としてお願い」

 稲田朋美防衛相は27日、東京都板橋区で開かれた都議選の集会で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と訴えた。自衛隊を政治利用するもので、行政の中立性を逸脱したと受け取られる可能性がある。野党は「行政の完全な私物化だ」と批判。稲田氏は同日深夜、「誤解を招きかねず、撤回したい」と述べた。

学部新設「全国展開」で見解相違

 国家戦略特区を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画問題を議論する民進党の調査チームは27日の会合で、安倍晋三首相が獣医学部新設について「全国展開を目指したい」と発言したことへの関係省庁の見解をただした。文部科学省が「特区で検討するべきだ」とした一方、内閣府は特区以外でも認められる可能性があるとの考えを示した。

自民「首相は加計追及嫌がる」

 民進党の山井和則国対委員長は27日、自民党の竹下亘国対委員長と国会内で会談し、加計学園(岡山市)の獣医学部新設を巡る疑惑を解明するため、臨時国会と衆院予算委員会などの閉会中審査を早急に開催するよう重ねて要求した。竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。会談後、山井氏が明らかにした。

安倍首相は現場知らないと批判

 安倍晋三首相が憲法改正や残業規制などに意欲を示した24日の神戸市の講演で、非正規労働者は責任感ややる気がないと受け取られかねない発言があり、非正規で働く人や専門家から「責任感を持って仕事をしている」「非正規の現場を知らない無神経な発言だ」といった批判が出ている。

コラム:メルケル独首相が借用すべき、ライバル党首の経済政策

[ロンドン 26日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ドイツのメルケル首相がこれまでの選挙戦を勝ち抜いてきた理由の一部は、最低賃金などの人気のあるアイディアを政治的なライバルから借用する手腕だ。総選挙を3カ月後に控える今、最も盗む価値があるのは、社会民主党(SPD)のシュルツ党首の経済政策だろう。

石破氏、首相表明に疑問

 石破茂前地方創生担当相は26日、政府の国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が「全国展開を目指したい」と表明したことに対し、「(家畜を診る)産業用獣医師などの処遇を改善する方が、公費の使い道としてはいいのではないか」と疑問を呈した。共同通信の取材に答えた。

首相、国会対応改めて陳謝

 安倍晋三首相は26日、東京都内で開かれた都議選の応援演説で、学校法人「加計学園」を巡る通常国会での対応を念頭に改めて陳謝した。「印象操作のような質問があると、つい強い口調で言い返す私の姿勢に問題があった。反省しなければならない」と述べた。