エディション:
日本

株式分割・増資

21日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

21日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・カンセキ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.40%にあたる10万 株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は10月10日から20 18年2月28日。 ・メディパルホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.3 0%にあたる520万2900株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ 。9月22日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買 い付けの委託を行う。買い付け価格は9月21日終値の1922円。 ・JCRファーマ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.70%にあたる 94万株、取得総額28億8580万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月22日午 前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を 行う。買い付け価格は9月21日終値の3070円。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています

20日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

20日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・カカクコム 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.3%にあたる500 万株、取得総額70億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月21日から1 1月20日。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

19日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

19日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・助川電気工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.96%にあたる2 4万株、取得総額1億7256万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月20日午前8 時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う 。買い付け価格は9月19日終値の719円。 ・シノブフーズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.96%にあたる2 5万株、取得総額1億8300万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月20日午前8 時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う 。買い付け価格は9月19日終値の732円。  <株式分割> ・AGS は、10月31日現在の株主に対して、11月1日付けで、1対2 の株式分割を実施すると発表した。    *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・千代田インテグレ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.54%にあた る20万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月19日か ら12月26日。  <株式分割> ・シンメンテホールディングス は、10月31日現在の株主に対して、11 月1日付けで、1対3の株式分割を実施すると発表した。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・シーアールイー 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.72%にあたる 60万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月14日か ら2018年7月31日。 ・ミツウロコグループホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数 の0.8%にあたる53万株、取得総額4億7753万円を上限とする自社株買いを実施 へ。9月14日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で 買い付けの委託を行う。買い付け価格は9月13日終値の901円。 ・クミアイ化学工業 、子会社の理研グリーンとイハラ建成工業から相対取引 で自社株を取得へ。規模は自己保有株を除く発行済株式総数の0.61%にあたる80万 株、取得総額5億3680万円。取得期間は9月14日から9月28日。  <自己株消却> ・リスクモンスター 、発行済み株式総数の2.6%に相当す

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・三谷商事 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.59%にあたる15万 株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月13日から12月 22日。  <株式分割> ・シンプレクス・ファイナンシャル・ホールディングス は、9月30日現在 の株主に対して、10月1日付けで、1対10の株式分割を実施すると発表した。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

UPDATE 2-郵政株売却を正式発表 「調整枠」導入も、民営化案件で初

財務省は11日、政府保有の日本郵政株を追加売却すると正式発表した。発行済み株数の22%を市場で1.3兆円売却するのに併せ、郵政が0.1兆円の自社株を買い取り、最大で1.4兆円の復興財源を確保する。民営化案件で初めて需要動向に応じた「売却調整枠」も設け、大型売却に伴う需給悪化を回避したい考え。

11日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

11日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。 <自社株買い> ・学情 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.7%にあたる40万株、取 得総額6億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月12日から2018年1 月31日。 ・日本郵政 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.43%にあたる1億株 、取得総額1000億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月13日から9 月22日。 ・前沢給装工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.11%にあたる2 5万株、取得総額4億4525万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月12日午前8 時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3))で買い付けの委託を行 う。買い付け価格は9月11日終値の1781円。 ・ヤギ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.37%にあたる20万株、 取得総額3億5500万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月12日午前8時4

財務省、郵政株最大9.9億株を売却 価格決定は9月25―27日

財務省は11日、政府保有の日本郵政株9億9009万9100株を上限に追加売却すると発表した。郵政株の売却は2015年11月の株式上場以来1年10カ月ぶり。売却価格や実際に売り出す株数は9月25日から27日のいずれかに正式決定する。