エディション:
日本

投資信託 -国内

公募投信の資金動向(5月22日分)=野村総合研究所

2017年05月22 純資産 ―推計純 設定額― 日 合計 当日 当月累計 総合 857,440 628 -5,424 国内株式 88,227 -22 -3,317 海外株式 133,930 118 248 国内債券 36,890 24 -289 海外債券 158,570 103 292 国内ハイブリ 49,000 -10 -215 ッド 海外ハイブリ 133,140 -18 -278 ッド 注)単位:億円、純設定

トランプ米大統領、辞任なら市場好感も=米著名投資家ウィーン氏

米投資会社ブラックストーン・グループのシニアアドバイザーを務める著名ストラテジスト、バイロン・ウィーン氏は23日、トランプ米大統領がいわゆる「ロシアゲート」疑惑により罷免される確率は現時点で低いものの、自ら辞任する可能性は否定できないと語った。

〔アングル〕S&P通信株指数、構成銘柄急減で見直し迫られる

S&P総合500種の電気通信サービス指数は、構成銘柄数が14社から4社まで急減し、第3・四半期中には合併のために3社になる可能性がある。再編や事業多角化が進んだ米通信セクターは、1996年に導入された同指数ではもはや投資家が実態を把握することができなくなっており、算出会社のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは見直しを検討している。

再送-インタビュー:世界は常に不確実、リスク分散図るオルタナ戦略に勝機=CFM

高度な数学的手法や数理モデルを駆使して運用を行う仏クオンツファンド、CFM(キャピタル・ファンド・マネジメント)のフィリップ・ジョーダン取締役は22日、ロイターとのインタビューで、世界は常に不確実性に満ちており、リスクの分散を図るオルタナティブ戦略に勝機を見出していると語った。

次のページ